コスメ

新年は着物で出かけたい♡ロマンティックな大正ロマンメイク

新年は着物で出かけたい♡ロマンティックな大正ロマンメイク

年末年始は一年の中で、着物を着たいと思う気持ちが高まる時季。初詣や新年のご挨拶に、気持ちを新たに着物でお出かけしてみませんか? 今回は、最近人気の大正ロマンの雰囲気、遊び心のあるメイクで作るモダンな印象の着物メイクを、資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの鎌田由美子さんの著書「着物ヘアメイクの発想」からご紹介します!

スキンケアはいつもより丁寧に

大正ロマンの着物を現代風にアレンジするには、軽やかでうるおいのあるツヤ肌がマッチします。時間が経ってもツヤ肌をキープするために、メイク前のスキンケアで、肌をしっかり保湿しておきましょう。ファンデーションはツヤのあるリキッドタイプを、頬を中心に少量なじませます。気になる部分はコンシーラーを丁寧になじませましょう。少量のパール入りのフェースパウダーで、肌をふんわりと仕上げます。

クリームアイカラーでツヤを演出

1. ホワイトのクリームアイカラーを、指でアイホールの外側まで軽くなじませます。
2. ピンクのクリームアイカラーをチップか指で、アイホールを目安にぼかします。
3. 下まぶたのキワ全体にも、チップの先端でピンクのクリームアイカラーをのせます。
4. パウダータイプのハイライトを、黒目の下から外側に重ねます。
5. 黒のリキッドアイライナーを細く引きます。まつ毛の隙間をしっかり埋めるようにしましょう。
6. 黒のマスカラを、上まつ毛の生え際から毛先に向けて、丁寧につけます。下まつ毛は軽めにつけましょう。

チークは高めにのせてふんわり色っぽく

レッド系のチークを頬の少し高めの位置にのせ、色っぽくアンニュイな印象に仕上げます。口もとは赤の口紅をブラシに取り、唇の中央から外側にぼかしながら広げ、最後にもう一度中央部分に重ねづけします。

大正ロマンの着物の魅力を引き出す、モダンでロマンティックな印象のメイクで、ぜひお出かけしてみてくださいね? 鎌田さんの書籍「着物ヘアメイクの発想」では、振袖メイクだけでなく様々なシーンに合わせた着物ヘアメイクが紹介されています。2016年は是非、着物を楽しんでみてはいかがでしょうか? 

Photo: 小池徹(buffo)トップ写真/ 鈴木花美(資生堂)トップ写真以外
着付け: 石山三津江
スタイリスト: 秋月洋子
着物: 日本刺繍作家 草乃しずか「大正浪漫」

【参照】鎌田由美子 着物ヘアメイクの発想: SHISEIDO KIMONO BEAUTY(誠文堂新光社)1,800円(税別)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。