コスメ

3割増しに自撮りが盛れる3つのポイント♡「肌色」「透明感」「ツヤ感」

3割増しに自撮りが盛れる3つのポイント♡「肌色」「透明感」「ツヤ感」

日々進化するスマートフォンのカメラや画像加工アプリ。様々なモードを活用して、女子会の様子や、お気に入りのアイテム×セルフィーをSNSにアップするのが日課! という女子も多いのではないでしょうか。そこで今回は、SNS映えする写真加工のコツをご紹介。肌印象のみならず、好感度アップも間違いなしですよ?

即美肌? 加工すべきポイントはこの3つ!

  • 肌色
  • 透明感
  • ツヤ感

肌色は、美肌に見せるための最重要項目。やわらかい自然な肌色に調整したら、次は透明感をアップさせる加工を施しましょう。もうひとつ、忘れてはならないのが肌のコントラスト! 黒目やチーク、さらには鼻筋などの光が集まるパーツが強調されるので、ツヤ感が生まれると同時に、小顔効果も抜群。このとき、加工する順番は、肌色と透明度で肌のトーンを先に決め、最後に陰影をつけていくのが正解です。

やりすぎ画像加工にご注意!

SNSに投稿するのであれば、加工は自分がベストと感じるよりも、気持ち控えめにとどめておくのがおすすめ。日頃の自分とのギャップが露骨な加工画像は、周囲を驚かせてしまうことも...!! なお、もっとも注意したいのは、画像の露出を極端に明るくしすぎてしまうこと。一見肌が白くなったように見えますが、背景の色調も同時にぼやけてしまうので、顔も粗目立ちな印象に。あくまでも"ナチュラルに"仕上げることを心がけましょう。

メイクオフ時も美人度3割増しになれるパウダーって!?

先ほども3つのポイントとして紹介したように、美しい肌のポイントは「肌色」「透明感」「ツヤ感」にあります。ソフトフォーカスのかかった透明感のある肌は、日中のベースメークのみならず、夜のスキンケアからもしっかりアプローチすることが必須! 

そこでおすすめなのが、素肌ケアとメイクアップの両方を叶えてくれる、資生堂 ホワイトルーセントのスキンケアパウダーです。朝はベースメークの仕上げに、夜はスキンケアの最後に使える美白パウダーで、使うほどに赤ちゃんのような透白肌が叶います。シルクのような使い心地とエレガントな香りで24時間肌を守ってくれるから、メイクを落とした後のリラックスタイムに撮るセルフィーもお手のもの?

シーンを選ぶことなく活用できる優秀なパウダーは、シャッターチャンスを逃さないためにもマストです。2月1日数量限定発売のアイテムは、現在予約受付中。ゲットすれば美肌アプリいらずの肌を手に入れられるかも!?

・美白化粧品はメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
・美白有効成分m-トラネキサム酸配合。m-トラネキサム酸のmは、メラニンの生成を抑える効果を表しています。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

小西悧舞ナタリー

小西悧舞ナタリー

海外美容家

日仏ハーフ。小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本のみならず海外の美容誌やビューティサイトをメインに、取材で得た美メソッドや実際に試し、「本当に効果があったもの」を中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être(心身美容)』を提唱。美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。公式ホームページ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。