コスメ

うっかり!メイクしたまま寝ちゃった翌朝のレスキューケア

うっかり!メイクしたまま寝ちゃった翌朝のレスキューケア

お正月休み明けでバタバタしていたり、新年会続きだったりと、何かと忙しいこの時期。忙しさに負けて、肌に悪いとわかってはいても、ついメイクをしたまま寝てしまう日もあるのでは? そんなうっかり寝てしまった翌朝でもダメージに負けないレスキューケアを資生堂ヘア&メーキャップアーティストの齋藤有希子さんに教えてもらいました。

朝しっかりメイクを落とすこと!

もしメイクしたまま眠ってしまったら肌のコンディションは最悪。メイクがほとんど落ちてるように見えたとしても、クレンジングなしでメイクが落ちることはありません。残ったメイクは酸化して様々な肌トラブルを起こす原因に! まずは朝しっかりとメイクを落とすところから始めましょう。目元や口元はメイクも落としにくくダメージも受けやすいので、ポイントクレンジングなどを使って丁寧に落とします。もちろん洗顔も欠かさずきちんと行いましょう。

スキンケアがてらマッサージ

まずはたっぷり化粧水・乳液をコットンでなじませた後、乳液を多めにとって下から上へと引き上げるようにして軽くマッサージしましょう。正しい量と使用法で肌の水分量は120%もUP! 時間がないときには、「ながら」マッサージを取り入れて。乳液やクリームをなじませながらマッサージをするだけでも違います。きちんとスキンケアを行うと、日中も乾燥しにくくメイクもちもよくなりますよ。もし時間があればシートマスクをプラスするとさらに◎

下地をうまく利用してメークコンディションもUP

スキンケアの後、いきなりファンデーションではなく、血色感が出るCCクリームなどの下地をうまく使うと、くすみがちな肌も明るくなってオススメ。ファンデーションの量も少なくなるし、化粧もちもよくなって総合的に時短につながることも。

メイクを落とさずに寝てしまっても、落ち着いてレスキューケアを行ってダメージを軽減させましょう!

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。