コスメ

耳たぶチークがポイント!花粉季節も色っぽ美人になれるマスクメイク♡

耳たぶチークがポイント!花粉季節も色っぽ美人になれるマスクメイク♡

花粉、ほこりや風邪対策として、この時期、マスクが手放せない! なんて人も少なくないですよね。マスクをすると目元以外は隠れるから...とメイクも適当になりがち。でも、簡単なポイントをおさえるだけで、マスクをしながら色っぽ美人になれるんです! 今回はマスク美人になれるメイクのコツを資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト西島悦さんにお聞きしました。

アイメイクはばっちり強調!

目元はマスクに覆われていない唯一見えている部分。このパーツをしっかり強調して、マスク美人になりましょう。

1. アイカラーは、くずれが目立たない明るめのピンクやベージュをチョイス。
2. 目尻は、ラインで攻めるのが◎ クリーム系などくずれにくいアイライナーで、長め&角度を上げて仕上げましょう。
3. マスカラもくずれにくいウォータープルーフタイプで目ヂカラを主張!
4. 目元をさらに強調するときは、目尻側につけまつ毛とウォータープルーフタイプのリキッドアイライナーをプラス。

チークの使い方がミソ! 色っぽさをプラス♪

1. チークは肌にピタッとフィットする、リキッドタイプやクリームタイプで。
2. マスクに隠れないように、チークをつける位置は、いつもより少し高め&外側に。マスクから少し見えるくらいがベスト。
3. 「耳たぶ」に少しチークをなじませます。血色感が出て色っぽさがアップ。

崩れないベースメイクでマスクの下も快適に

化粧くずれが気になるマスクメイクは、ベースをナチュラルに仕上げるのがポイントです。

1. 化粧崩れをおさえ、花粉やちりなどから肌を守るためにも化粧下地はマスト。肌にぴたっとフィットするリキッドタイプや、下地として使える日中用美容液が◎
2. マスクにファンデーションがつくのを防ぐため、下地+粉おしろいで仕上げます。
3. 毛穴や色ムラなど気になる部分には、ファンデーションブラシでファンデーションを薄くつけましょう。

リップメイクはナチュラルな色を指でトントンと薄めにつければ、マスクへの色付きもないし、血色感良く演出できますよ♪

マスクをしていても、快適かつ魅力的に過ごしてくださいね!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。