コスメ

セルフネイル派必見!プロに聞いた「甘皮処理」のキホン♡

セルフネイル派必見!プロに聞いた「甘皮処理」のキホン♡

ネイルカラーだけでなく、ジェルネイルもセルフで楽しむ人が増えましたよね。そんなセルフネイル派さんが、おろそかにしがちなのが「甘皮処理」。爪表面の余分に貼りついた甘皮部分を取り除くとネイルが美しく仕上がり、カラーの持ちも良くなります。また、ささくれもできにくくなるので、特に乾燥が気になる季節にはしっかりケアしておきたいところです。

でも、サロンで使っているような道具は持ってないし...という人も大丈夫! プロ仕様のケア用品がなくてもできるセルフケアを、日本ネイリスト協会に伺いました。

プロに聞く! おうちでもカンタンにできる甘皮処理

用意するもの

  • ガーゼ(ノンアルコールのウエットティッシュでも可)
  • ウッドスティック
  • コットン
  • キューティクルオイル(一般的な保湿用のボディオイルやクリームでも可)
  • 手順

    1. 割いたコットンをウッドスティックに巻きつけて先端を水で濡らし、甘皮をそっと押し上げる。
    2. 反対側の手の親指に湿らせたガーゼを巻きつけ、親指の指先で爪表面、爪まわりの汚れを拭い取る。
    3. 爪の根元部分からキューティクルオイルでしっかり保湿する。

    上手にネイルケアするコツ

    甘皮を処理するタイミングは、爪まわりの角質が柔らかくなる「お風呂上がり」がベスト。お風呂上がりでない場合は、指先をお湯に浸けて柔らかくしてから行いましょう。頻度としては月2?3回を目安に処理します(爪まわりの状態によって処理する頻度は変わるので注意)。日頃ネイルをする人は塗り替えの際に行うと◎。注意すべきポイントは、甘皮を強く押しすぎないことと、甘皮や爪表面を傷つけないようにすること。ゆっくり丁寧に、優しくケアしましょう。

    せっかくキレイにできたネイルカラーやアートも、甘皮がべったり貼り付いていると仕上がりの美しさが半減してしまいます。逆に、甘皮をきちんと処理することでプレーンな爪でも「キレイな指先だなぁ」と好印象に! セルフネイルの前にちょっとだけ手間をかけて、「指先美人」を目指しましょ?

    今回お話を伺ったのは......
    日本ネイリスト協会

    photo:thinkstock
    ●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
    ●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。