コスメ

花粉症を逆手にとっちゃう!?肌不調を乗り切る「赤みメイク術」

花粉症を逆手にとっちゃう!?肌不調を乗り切る「赤みメイク術」

春の陽気に心が弾みますが、気温の上昇とともに「花粉症」に悩まされている方も多いのではないでしょうか? 目がうるうるで、肌の調子もイマイチだと、メイクもあきらめがち。でもやっぱり、いつも可愛くいたい! ということで、花粉症シーズンのメイクのコツをご紹介します。

とにかく眉毛はしっかり描こう!

花粉症の症状が出にくく、マスクをしていても目立つ眉毛は、花粉症メイクのメインパーツに最適。さらに眉が整っているだけで、ナチュラルメイクでもきちんと感が出るので力を入れたいところです。

眉マスカラで眉毛に立体感を出し、毛が足りない部分はリキッドタイプのアイブロウで一本ずつ毛を足すように丁寧に仕上げます。

アイメイクは赤みを生かして!

下まぶたは花粉症による涙でメイクが崩れやすいので、上まぶたを中心にメイクするのがコツ。肌に赤みが出やすい...という方は、ブラウンやピンク系など、肌なじみが良いカラーのアイシャドウを塗って、血色を生かしながらメイクするのがオススメです。

チップでアイホールに色をのせ、指でポンポンとなじませると密着度アップ!

裏技として涙で滲むことを前提に、滲んでも可愛い赤みシャドウを下まぶたにオンするのもありですよ♪

涙袋部分にチップで赤みシャドウを軽くのせましょう。涙袋からはみ出すと目元がくすんで見えるので、範囲は狭くするのがポイント!

ベースメイクで血色UP!

花粉が直接肌につくのを防ぐため、ベースメイクはきちんとしたいところ。花粉症で肌荒れが気になる人も多いと思うので、低刺激で保湿力があるものを選びましょう。顔色が良く見えるピンク系の下地を塗ると、チークいらずでオススメ。この時期は肌に重ねるものも最小限に抑えたいですもんね♪

ピンク系の下地を、頬の中心から外側に向かって塗ります。頬の高い位置や、鼻筋などは重ね塗りするとメリハリ感がアップ。

花粉症でツライときのメイクポイントは、症状が出ている部分以外をきちんと仕上げること。 ただし肌の調子が悪いときは、無理してメイクをせずに大きめマスクに頼っちゃいましょう!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。