コスメ

目指せ長谷川潤ちゃん!「鼻下チーク」で鼻と口の距離をグッと短く♡

目指せ長谷川潤ちゃん!「鼻下チーク」で鼻と口の距離をグッと短く♡

最近、モデルの長谷川潤さんなど「鼻下の短い女性」が美人の新定義として注目されていますよね。そこで今回は鼻下を短く見せる、簡単なメイクテク「鼻下チーク」を伝授! 頬にチークをのせるついでにできるので、朝の忙しい時間でも余裕です♪

年齢とともに鼻の下は伸びていくという事実...

ご存知ですか? 顔がたるむと鼻下の皮膚もたるみ、鼻と口の間隔が広がって見えがち。また唇は年齢とともにボリュームが減って薄くなるため、鼻の下がより長く見えてしまうんです。赤ちゃんの顔は鼻と口の距離が近いですよね。つまり鼻下が短いほど若々しく見えるんです! それでは早速、チークを使って鼻と口の距離を縮めるメイクに挑戦しましょう。

鼻下チークの方法

1. 大きめのチークブラシに濃いオレンジのチークをとります。ピンクや明るいオレンジ、パール入りのものだと膨張して逆に鼻下が長く見えてしまうので注意です。

大きめのチークブラシでふわっとつければ、色が自然に肌になじみますよ。小さいブラシだとピンポイントで色がつきすぎて、不自然に見えてしまいます。大きめのチークブラシでふわっとつければ、色が自然に肌になじむからオススメ。

2. 人中(鼻下の溝)にブラシをあて、そこを起点に左右にワイパーのようにササッと動かしチークをオン。

人中(鼻下の溝)が最も濃くなるようにチークをのせて鼻の下に影をつくり、陰影で鼻下がくぼんだように見せます。

とっても簡単なのに、意外に効果は絶大な鼻下チーク♪ バレずにキレイを実現しちゃいましょう!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。