コスメ

唇こそ忘れちゃダメ!ボロボロリップにならないための紫外線ケア

唇こそ忘れちゃダメ!ボロボロリップにならないための紫外線ケア

顔や身体には日焼け止めをきちんと塗って、紫外線対策バッチリ♪ でも、ちょっと待って! 唇のケアを忘れていませんか!? 実は、唇って紫外線をかなり浴びているんです!  そんな唇の紫外線対策を資生堂Webビューティーコンサルタントの大塚真央さんに教えてもらいました。

唇はとってもデリケートなパーツ!

唇はほかの皮膚に比べてデリケートとよく言われますが、それにはこんな理由があるんです!

  • 唇の角層は非常に薄く、外部からの刺激に弱い。
  • 汗腺や皮脂腺もないので、とても乾きやすい。
  • メラニンを作るメラノサイト細胞がないので、紫外線に対して無防備。
  • ターンオーバーは約3~4日と早く、皮膚がめくれやすい。

このようにデリケートな唇は、紫外線を浴びてしまうと、乾燥や皮むけが起きたり、唇の縦ジワが目立ったり、くすんでしまいます。

紫外線から守って、乾燥対策もバッチリと!

唇を紫外線から守るために日焼け止めは忘れずにつけましょう。UVカット効果のあるリップクリームは保湿も紫外線対策も両方できるのでオススメ。日常的にはSPF20くらいのUVカット効果があれば◎。通常のリップクリームだと、保湿はできても紫外線から守ることはできないので、うっかり日焼けしないように気をつけましょう。

紫外線を浴びてしまった後のケア方法

熱をもっているなら、まずは冷やして落ち着かせましょう。ゴシゴシこすったり、角質を無理に剥がすのは絶対にNG。乾燥しないように、リップクリームやリップバーム、唇用の美容液でケアしましょう。塗るときは指のはらでくるくるとやさしく円を描くようにマッサージするのが効果的。オススメの集中ケアはラップフィルムパック。美容液をたっぷり厚めに塗ったらラップをのせて10分程度パックをしましょう。

ぷるんとしたルージュが似合う唇になるには、保湿だけでなく紫外線対策も重要です! 常にUVカット効果のあるリップクリームを持ち歩くくらい、意識高めでケアしてくださいね♪

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。