コスメ

脱・のっぺり顔!立体フェイスが手に入る「コントゥアリングメイク」って?

脱・のっぺり顔!立体フェイスが手に入る「コントゥアリングメイク」って?

最近海外のSNSなどでよく見かける「コントゥアリングメイク」。「コントゥアリング」とは、ハイライトやシェーディング、コントロールカラーを駆使して顔に立体感を作り、輪郭補正を目的にしたメイク法のこと。外国人と比較して顔の凹凸が少ない骨格の日本人が取り入れると、ハーフ顔に近づけたり、小顔になれたりと嬉しい効果がたくさんあるんです! とはいえ、外国人がやっているコントゥアリングをそのままマネしてしまうと、わざとらしさややりすぎ感が出てしまうので危険...。そこで今回は、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの齋藤有希子さんに、日本人に似合う「コントゥアリングメイク」の方法を教えてもらいました。

【NG】影を濃く入れすぎると、ワザとらしいので要注意!

立体感=シェーディングと思いがちですが、影色を濃く入れたり、線のように入れてしまうのは、わざとらしくなるのでNG。また、ノーズシャドウを縦に細く入れてしまうのも不自然な感じが出てしまうので避けましょう。

【OK】下地とコンシーラーで抜け感を出すのがコツ!

ベースメイクは厚塗りにならないよう、BBクリームなどで顔の中心を明るく仕上げます。さらに、目の下のくまや小鼻のくすみなどはコンシーラーでカバーします。ハイライトパウダーをふんわりかけてベースは完成。あえてファンデーションを使わず立体感を演出することで、軽さのある立体肌になりますよ。チークはヌーディー系もしくはコーラル系を頬骨の骨格に沿って幅広めに入れると自然な陰影感が出ます。ノーズシャドウは鼻筋でなく、眉頭の下に軽く影を入れるような感覚でしのばせると◎。大人のコントゥアリングは血色感も大事。リップには血色感のある少し明るめの色をチョイスしましょう。

あまり作り込みすぎず、抜け感を意識しながらメイクするのがポイントです。日本人向けコントゥアリングで、憧れのハーフ顔を手に入れましょう!

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。