コスメ

甘口フェイスを辛口に!ハンサム顔に変身できちゃうメイク術

甘口フェイスを辛口に!ハンサム顔に変身できちゃうメイク術

なりたい顔を叶えてくれるメイクは女性にとって武器のようなもの。例えば顔のパーツが丸い、いわゆる童顔や甘口フェイスだって、メイク次第では真逆のキリッとした辛口フェイスに変身できます。今回はそんなメイク術をパーツ別に紹介します。

甘口フェイスと辛口フェイスの違いは? 

フェイスラインや目元が女性らしい丸みを帯びた顔は、ハンサムな印象よりも可愛らしい印象になりがち。淡いピンクやブルーなどの色がばっちり似合う顔ですが、辛口フェイスを目指すのであればこれらの色は封印を! フェイスラインや目元をキリッと引き締めて見せてくれる色を使って、丸みを抑えましょう。さらに、無機質さを演出するマットな質感にこだわるのがポイントです。

アイメイク
マットシャドウ&ブラック×ネイビーラインでクールな印象をプラス

まずは、アイシャドウ。ラメ入りのものはエレガントでフェミニンな印象になってしまうので、マットな質感のものをチョイス。色はグレーがかったピンクやブルーなど、少しくすんだものがオススメです。色自体にくすみがあっても、透き通るような発色のものを選べば目元の明るさはちゃんとキープできますよ。

アイライナーはブラックとネイビーの2色使いがおすすめ。まずはブラックで上まつげの間を埋めるようにインラインを描き、目元をキュッと引き締めます。そして、上まぶたのキワ(アウトライン)にはネイビーを使い、目尻を若干ハネ上げるようにスーッとラインを引いていきます。

ブラック単色でインライン、アウトラインを描くと目元がキツくなり過ぎるので、ネイビーを合わせるのがキモ。ネイビーなら知的で上品な印象も加わって、ひと味違う辛口フェイスになれます。

リップ
赤ルージュにベージュを重ねてクールな血色リップに

唇は赤とベージュの2色使いで、今どきのほのかな赤みを感じるナチュラルリップを目指します。

まずは赤いルージュを唇全体に塗ってからティッシュで押さえ、血色感をわずかに残します。そしてその上からベージュのルージュを重ねれば、まるで素の唇のように自然な血色リップが完成! ベージュ単色で仕上げると顔色が悪く見えたり、老けて見えたりしがちだけど、隠し味ならぬ隠し色として赤いルージュを仕込んでおけば、ほんのり血色感のあるハンサムリップを再現できます。

頬はあえてノーチークで目元や口元にポイントを置きます。

丸みを帯びていたフェイスラインや目元がキリッとして辛口顔に近づけました! 甘口フェイスの方はメイクでハンサム要素を取り入れて、いつもと違う自分を楽しんで♪ 

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

松下侑衣花

松下侑衣花

美容ライター

雑誌、WEBにて美容をメインに執筆。3度の飯よりコスメが好きで、プチプラからデパコスまで網羅している。気に入ったコスメ、多様な使い方ができるコスメを見つけては記事やSNSで紹介中。#美金(=金曜日の夜は美に励む)の提唱者でもある。Twitterinstagramブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。