コスメ

湯煎&ブラシテクでダマ知らず!?美まつ毛を作るマスカラ前の仕込み術

湯煎&ブラシテクでダマ知らず!?美まつ毛を作るマスカラ前の仕込み術

メイクをするときに、力を入れるパーツといえばやっぱり目元。特に「まつ毛」は、目の大きさを左右する部分だけに気合いが入りますよね。くるんとしたカールを1日中しっかりキープしたいし、長く太いまつげに見せたい...そんなパーフェクトまつ毛を叶えるには、マスカラ前の仕込みテクが重要なんです!

カールの持ちはビューラー前のひと手間が大切

まつ毛をしっかりカールさせる秘策は、"ビューラー前の仕込みテク"にアリ。実はメイク前のまつ毛には、スキンケア時の水分やファンデーションの油分などがついていて湿った状態になっています。そのままビューラーを使うとうまくカールできないので、まずはまつ毛の水分や油分をしっかり取り除くことが大切。ビューラーの前に、フェイスパウダーなどをまつ毛に軽くはたいて、まつ毛をしっかり乾かしましょう。

美まつ毛を作るマスカラ前の仕込みテク

マスカラのつきをよくする湯煎テク

マスカラって、買ったばかりのときは液がサラっとしているのに、しばらくすると液が固まってボソボソになってきますよね。その状態で塗ると、まつ毛にマスカラがつきにくかったりダマになりやすかったりして、キレイに仕上がりません。

そこでおすすめなのが、マスカラを湯煎する方法。マスカラを温めることで液の固まりが溶け、サラッとした液に戻ってくれるんです。マスカラ湯煎は、マグカップなどにお湯を入れ、その中にマスカラを入れておくだけでOK。メイクを始めると同時に湯煎を開始すれば、アイメイクに取り掛かる頃には液もサラサラになっていますよ。

ダマを解消するブラシテク

まつ毛に余分なものが付着したままマスカラを塗ってしまうと、汚れごとコーティングされるため、ダマになりやすくなります。それを防ぐためには、マスカラを塗る前に、スクリューブラシなどでまつ毛をとかして、まつ毛についた粉などをきれいに落とすのが◎。まっさらなまつ毛にしておくことで、マスカラののりもアップして、ダマのないきれいなまつ毛に仕上がります。

どれもほんのちょっとの手間ですが、やるとやらないでは大違い。つけまつ毛もエクステも必要ない! と思えるほどのパーフェクトまつ毛を手に入れてくださいね♪

photo : Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。