コスメ

パンダ目の原因は目の形だった!?目のタイプ別対策と崩れ知らずコスメ

パンダ目の原因は目の形だった!?目のタイプ別対策と崩れ知らずコスメ

朝キレイにメイクをしたはずなのに、気づいたらいつもアイメイクがにじんでパンダ目になってる...なんて、お悩みを抱えている人も多いですよね。さらに、これからの季節は汗や皮脂が出やすく、アイメイク崩れ女子がさらに急増すること必至! 実はそれ、目の形が原因かも!? 今回はそんなアイメイク崩れの原因と対策を、資生堂Webビューティーコンサルタントの向井奈緒さんに教えてもらいました。

アイメイク崩れの原因とは?

特にこすったり、泣いたりしていないのに、気づいたらアイメイクがにじんでパンダ目になってしまった...、という経験ありませんか? 実は、目の形によっては上まぶたが下まぶたに触れやすく擦れたりします。なので擦れやすいところを知らずに、全体的にしっかりメイクをしてしまうと、崩れる原因となってしまいます。

目の形別メイク崩れポイント&対策

崩れやすいポイントを押さえてメイクをすることで、アイメイク崩れは回避できるんです! そこで、目のタイプ別に崩れやすいポイントを紹介します。

<一重> 上まぶたの皮ふが厚めの人が多く、下まぶたに触れやすいです。それがパンダ目の原因になりがち。アイライナーは、落ちにくいリキッドアイライナーをまつ毛の隙間ではなく、上まぶたのキワに使うといいでしょう。

<奥二重、二重> 二重で皮ふが重なる部分が崩れやすいです。奥二重は特に目頭寄りの皮ふが重なる部分が崩れやすいので要注意。アイラインを引く際は、目頭を避けて黒目のあたりから目尻にかけて引くとにじみ防止になります。

そのほか、目頭や目尻が開いている人は、そこにアイメイクが溜まりやすかったり、涙袋が大きい人は上まぶたに触れやすい傾向があるので、注意しましょう。

どの目のタイプでもOK! 崩れ知らずの仕込みテク

目のタイプ別崩れ対策をチェックした上で、さらに崩れにくくしてくれる方法を紹介します! アイメイクをする前に、最初に上まつ毛の生え際と下まぶたまでパウダーを丁寧に仕込むことで、油分を抑えてサラサラになるので、崩れ防止に。また、アイシャドウ⇒アイライナーの順番でメイクをした後に、もう一度アイシャドウを重ねておくと、アイラインが崩れにくくなるのでオススメです。アイラインのあとに綿棒でサッとなぞるだけでも密着しやすいですよ。マスカラが落ちやすいという人は、ビューラーでしっかりまつ毛を上げてマスカラをした後、透明のトップコートでカバーするとより安心です。

これで完璧! メイクのプロがオススメするアイコスメ

バッチリメイクをしているのに、ぜんぜん崩れないビューティーコンサルタントの人たちが、一体どんなアイテムを使用しているのか気になりますよね? そこで、向井さんオススメのアイテムを紹介してもらいました!

マキアージュ 「ロングステイアイライナーN」
汗や皮脂に強いウォータープルーフと、こすれに強いスマッジプルーフの両方の効果で落ちにくいので◎。

インテグレート「スナイプジェルライナー」
ペンシルタイプのジェルライナーで、柔らかい描き心地なのに、にじみにくく、プチプラなのも嬉しいポイントです。

インテグレート「マツイクガールズラッシュ(おてんばカール)」
ウォータープルーフで落ちにくいのはもちろんですが、カールが長時間持続して、まつ毛が下がってこないので、パンダ目の心配も必要なしです♪

自分の目のタイプに合わせた対策&アイテム選びをすれば、キレイな目元が続くはず! 崩れやすい夏もバッチリアイメイクをして楽しみましょう♪

photo : Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。