コスメ

混合肌は生まれつきだと思ってない!?自ら引き起こすNG習慣&ケア方法

混合肌は生まれつきだと思ってない!?自ら引き起こすNG習慣&ケア方法

Tゾーンはテカテカ、ベタベタなのに、あごや頬は乾燥が気になる...そんな混合肌に悩まされる人も多いのでは? でも、もともと混合肌だから仕方ない、なんて諦めたり...。実はそれ、NG習慣が原因で起こっているかもしれません! そこで今回は、混合肌の原因とケア方法を資生堂Webビューティーコンサルタントの柳田理子さんに教えてもらいます。

まずは混合肌チェック!

一部は乾燥するのに、他はテカりやすいなど、部分的に肌質が異なることを混合肌といいます。でも、なんとなく「自分は混合肌かも」と思っている人も多いのでは? そこで、まずは混合肌チェックを行いましょう。やり方は簡単! ティッシュや油とり紙を顔にあてます。くっつくところと離れるところがある人は混合肌の可能性大。くっついている部分は皮脂が多く、くっつかない部分は乾燥していることになります。

うっかりやりがち! 混合肌を引き起こすNG習慣

何気なく行っている生活習慣が、実は混合肌を生む原因となっているかもしれません!  まずは、NG行動をチェックしましょう。

◆ゴシゴシ洗顔
べたつきや皮脂が気になるあまり、過剰に洗顔をしたり、ゴシゴシ洗ってしまうのはNG。キメが乱れて保湿の機能が低下し、乾燥を加速させ毛穴も広がりやすくなります。

◆肌に合っていないスキンケア
保湿効果の高いタイプのものは、さらにべたつくと思い込んで、さっぱりしたタイプを選びがちですが、肌状態によっては保湿ができていないことで乾燥するだけでなく、かえって皮脂分泌が増加することも。

◆紫外線の影響
紫外線により乾燥を引き起こし、乾燥を補おうと皮脂分泌が増えて、乾燥するのにべたつく原因に。

◆刺激物や脂っこい食事
辛い食べ物や、脂っこい食べ物、アルコールなどは、皮脂分泌を促すので、摂りすぎに注意! 適度な摂取でとどめることが大切です。

◆エアコンの影響
エアコンの影響で肌は乾燥し、油分と水分のバランスが崩れやすくなります。

油分も水分も欠かせない! 混合肌のケア方法

肌は油分と水分のバランスを整え、トータルケアを心がけることが大切です! 混合肌のタイプにより、どちらがより気になるかでお手入れを変えてみるといいですよ。

<クレンジング・洗顔>

皮脂が多い人はオイルタイプ、乾燥の方が気になる人はしっとり感のあるクリームタイプがオススメ。洗顔はなるべく保湿効果が高いものを選んで優しく洗いましょう。

<化粧水・乳液>

べたつきがより気になり、しっとりとした感触が苦手な人は、化粧水は保湿効果が高いしっとりタイプを使用して、乳液はさっぱりタイプにすると◎。乾燥の方が気になる人は、どちらも保湿効果の高いタイプを選びましょう。浸透しやすい肌あたりのいいコットンを使って、Tゾーンはやさしくなじませるように使いましょう。

<クリーム・美容液>

顔全体になじませます、油分が気になる部分も薄めでもいいのできちんとなじませるようにしましょう。

<日焼け止め>

紫外線の影響が乾燥やべたつきの原因にもなるので必ずつけましょう。保湿効果などスキンケア効果が高いものだと◎。

これからさらに皮脂によるべたつきが気になる季節に突入します。だからといって乾燥しているパーツをそのまま放っておくと、シワやたるみの原因にも! 肌コンディションに合ったトータルケアを目指しましょう♪

photo:Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用下さい。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。