コスメ

小顔はアイブロウパレットで作るが勝ち!「小顔トリック」大公開♡

小顔はアイブロウパレットで作るが勝ち!「小顔トリック」大公開♡

キュッと引き締まった小顔は、美人の絶対条件? 顔が小さいと、ヘアや洋服もグンとオシャレに見えますよね。そんな憧れの小顔を手に入れるために、ぜひ活用してほしいのがアイブローパレット。これを使って目元や鼻といった、顔の中心パーツを立体的にメイクすれば、顔を小さく見せることが可能なんです♪ 

そこでおすすめしたいのが、6月21日に発売された、小顔トリックを演出してくれるインテグレートの「ビューティートリックアイブロー」です。

小顔メイクが時短でできちゃう、欲張りパレット♪

  • 光と影を操って、バレずにこっそり小顔になれちゃう!
  • ハイライト、ノーズシャドー、アイブローがこれ一つで完成!
  • 3色のブラウンで、眉毛を立体的に描けちゃう!
  • 両端のブラシが使えて、時短メイクができる!
  • 崩れにくいから、汗でメイクが落ちる夏でも安心!

アイブローパレットを使った小顔メイクの方法

今回使ったのはこちらのインテグレート「ビューティートリックアイブロー BR631」です。

(左:ハイライト&ノーズシャドー用ブラシ/右:アイブロー用ブラシ)

それでは早速、小顔メイクに挑戦!

高いパーツはより高く! ハイライトで光を仕込む

(A)を指、もしくはハイライト&ノーズシャドー用ブラシにとり、Tゾーンと眉の上下になじませます。ギラギラせず、肌に自然になじむパールホワイトなので、バレずに小顔作りするには最適♪

影を作ることで彫り深小顔を目指す!

(B)を指、もしくはハイライト&ノーズシャドー用ブラシにとり、眉頭の下から鼻筋の側面に沿ってのせてぼかします。ベージュとブラウンの中間の色で、肌をきれいに見せながら、さりげなく影を演出できます。これなら初心者さんでもライオンキングにならずに簡単に影を忍ばせることができますね。

顔の"額縁"! 眉は立体的に描くことで輪郭が引き締まる

1. (B)をアイブロー用ブラシにとり、眉頭?眉中央に向かってぼかします。
2. (C)を眉尻から1/4くらいから眉尻に向かってぼかします。
3. (D)を眉山?眉尻にかけて描き足します。

ほんのりパールが入っていて毛流れに沿って仕込むと、眉毛がキラっと光ってクール! 眉メイクのアクセントにもなりますよ。

「#眉なしおばけ」さんは土台作りがキモ!

すっぴんだとほとんど眉毛がない「#眉なしおばけ」さんは、こちらの描き方がおすすめ。先に眉毛の隙間を埋めて土台を作るのがポイントです。

1. (D)を眉毛がない部分を埋めるように描き足し、眉毛の土台を作ります。
2. (C)を眉尻から1/4くらいから眉尻に向かってぼかします。
3. (B)を眉頭?眉中央に向かってぼかします。

小顔になれるアイテムがギュッと詰まったインテグレートの「ビューティートリックアイブロー」。夏のオシャレは小顔にも磨きをかけましょ♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。