コスメ

誰でも甘顔になれる!ピンクを使いこなす話題の「桃メイク」を先取り♡

誰でも甘顔になれる!ピンクを使いこなす話題の「桃メイク」を先取り♡

"オルチャンメイク"や"ドファサルメイク"など、美容大国・韓国でブームになったメイクが日本でも流行る今日。そのブームもだいぶ落ち着きかけてきたかと思いきや、次にくる!といわれているのが"桃メイク"というもの。一体、桃メイクってなに? どうやってメイクするの? ということで、今回は桃メイクを先取りしちゃいます♡ 

桃メイクはピンク×ブラウンがポイント!

桃メイクはその名前のとおり、桃のようにふんわりした可愛らしさを演出するメイクのことで、「最強の甘顔になれる!」と話題になり、今じわじわとブームがきています。そのポイントは、①桃のようにジューシーであること、②桃のようなふんわりとした柔らかさがあること、③ピンク色の血色感があること。コスメはピンクをメインに使うのがお約束。その締め色にブラックはキツくなりすぎるので、ブラウンを合わせるのが鉄則です。

幸せオーラ感じる桃色肌に

桃メイクはとにかくピンクをマスターすべし! 肌は、ピンクのコントロールカラーを抜かりなく仕込んで、柔らか〜い雰囲気に。両頬の中心にのみピンクをのせるので、量はパール1粒大くらいでOK。ニコッと笑ったときに高くなる位置を軸になじませれば、ほわ〜んと甘い肌に変身。

ピンクシャドウ×ブラウンマスカラ&ライナーでキュートな瞳に♡ 

アイホールもピンク1色。目の上のキワが濃くなるように流行りのワントーングラデをつくり、さらに目の下のキワにも目頭から目尻に向かってピンクのアイシャドウを入れて。これで、桃のような丸みのある目元が完成! 次はブラウンのライナーをキワに引いてキュッと締めて。まろやかな甘さを出したいので、ブラックではなく、ブラウンがマスト。優しいデカ目効果が狙えます。さらにマスカラもブラウンが鉄則。毛の1本1本にまで柔らかさを宿して、桃みたいな可愛らしさを身につけましょう! 

果実感あるぷるぷるリップ

リップはジューシーな果肉を彷彿とさせるようにルージュ&グロスで仕上げて。まずは唇中央にだけ濃い色のピンクルージュを塗ったら、淡い色のピンクグロスを全体的にたっぷりのせて厚みを出すのが◎。唇中央からじゅわ〜っと果汁が溢れ出たかのようなグラデーションを作ると、桃感がよりアップします! 

チークは桃のようにまんまると。リキッド状チークでふわっ、じゅわ〜っと

チークは、コントロールカラーを置いたところと同位置にオン。じゅわ〜っと発色するリキッド状チークで桃の果実感を出して。指を小刻みに動かして、狭い範囲に広げるのがポイント。桃みたいにま〜るく入れるのが可愛く仕上げるコツです。

熟した桃を連想させる柔らかくジューシーでおいしそう♡な、"桃メイク"は甘顔に仕上げるにはもってこい。一足早くマスターして、最新の「可愛い」を手に入れて♪ 

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

松下侑衣花

松下侑衣花

美容ライター

雑誌、WEBにて美容をメインに執筆。3度の飯よりコスメが好きで、プチプラからデパコスまで網羅している。気に入ったコスメ、多様な使い方ができるコスメを見つけては記事やSNSで紹介中。#美金(=金曜日の夜は美に励む)の提唱者でもある。Twitterinstagramブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。