コスメ

原因はスキンケアにあり!? 二重の溝に溜まらないアイシャドウの塗り方★

原因はスキンケアにあり!? 二重の溝に溜まらないアイシャドウの塗り方★

アイメイクをばっちり決めても、ふと気がつくと、アイシャドウが二重の溝に溜まっている...、なんてことありますよね。ヨレてしまっては、せっかくのメイクも台なしです! そこで、アイシャドウを長時間キープするためのテクニックを、資生堂Webビューティーコンサルタントの桜井理恵さんに教えてもらいました!

アイシャドウ溜まりの原因は?

アイシャドウが二重の溝に溜まってしまう原因の一つはスキンケア。化粧水や乳液をまぶたに丁寧になじませていない状態でアイメイクをすると、水分や油分によってアイシャドウがヨレやすく、瞬きで二重の溝に溜まりやすくなります。ベースメイクの時も、リキッドやクリームタイプのファンデーションをしっかりなじませていないと、アイシャドウが溜まりやすくなります。

溜まり知らずな目元を目指すなら、アイシャドウ選びも大切!

スキンケアやベースメイクに気をつけることも大切ですが、アイシャドウ選びでも違います。クリームタイプのアイシャドウであれば、指先にとり、手の甲につけ、1回でピタッと肌にフィットする密着感が高いものを選びましょう。また、パウダータイプのアイシャドウは、粒子が大きく、ザラつきがあるものはなるべく避けた方がベター。パウダーを薬指の腹にとって、親指とこすり、指紋が見えなくなるぐらい粒子が細かいものを選ぶようにしましょう。

キレイな目元をキープするアイメイクテク

メイクをするときのひと手間で、さらに溜まり知らずの目元をキープすることができますよ!

・ダブルアイシャドウ使いで仕上がりが変わる!
クリームアイシャドウをベースにし、その上にパウダーアイシャドウを重ねると、密着感が高まり、ヨレにくくなります。

・フェイスパウダーで皮脂と汗を抑える!
パウダータイプのアイシャドウをつける前に、先にフェイスパウダーを目元にしっかりつけて皮脂と汗を抑えましょう。

・綿棒で密着感アップ!
アイシャドウを目元になじませた後に、二重の溝をめん棒でサッと軽くなぞって、余分な油分を取り除き、密着感を高めましょう。

・グラデーションで溜まりを目立たせない!
アイホール全体に肌なじみのよいベージュや薄いゴールドをのせた後、目のキワに濃い色を重ねてアイホール真ん中あたりまで薄く伸ばしなじませます。目元にグラデーションをつくることで、アイシャドウ溜まりが目立ちづらくなります。

アイシャドウが溜まってしまったときのレスキュー法

それでも二重の幅にアイシャドウが溜まってしまったら、綿棒で軽くなぞったり、指先やチップでアイシャドウを軽くなじませるとキレイな目元に戻ります。アイシャドウをつけ直すなら、溜まったところを整えてからにしましょう。

皮脂や汗が気になるこの時期は、アイメイクはとくに崩れやすいのでご注意を! スキンケアやベースなど、メイク前の仕込みを意識して取り入れてみてくださいね♪

photo : Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。