コスメ

化粧崩れ防止は朝の仕込みが勝負!プロが教える夏のベースメイクテク

化粧崩れ防止は朝の仕込みが勝負!プロが教える夏のベースメイクテク

化粧崩れが気になる時期に突入しました! きれいに仕上げたメイクが汗や皮脂でドロドロ...。なんて日々にオサラバすべく、化粧崩れ防止のベースメイクテクを資生堂Webビューティーコンサルタントの柳田理子さんに教えてもらいました。

崩れない朝のスキンケア&ベースメイク

化粧崩れに負けないベースメイクにはスキンケア、化粧下地、ファンデーションとそれぞれにポイントがあります。

1. スキンケアは全ての土台

化粧崩れ防止でまず大切なのは、すべての土台となるスキンケア。化粧水や乳液といったスキンケアは正しく行い、しっかりと保湿をしましょう。ここができていないと肌の水分と油分のバランスが崩れて、せっかくきれいに仕上げてもメイクのもちが悪くなってしまいます。汗や皮脂でドロドロになりやすい人は、収れん化粧水でパッティングするのが◎。毛穴を引き締めて、皮ふ温を下げてくれるので汗や皮脂を抑えてくれますよ。

2. 崩れにくい化粧下地をクルクルづけ

化粧下地は皮脂吸着パウダー入りを選びましょう。皮脂が特に出やすいTゾーンやあご等にはクルクルと円を描くようになじませるのがポイント、毛穴の凹凸がきれいに整い密着しますよ。顔全体に化粧下地をなじませた後は、ファンデーションをつける前におしろいを薄くのせておくと、皮脂を吸着してくれるので化粧崩れ防止にオススメです。

3. ファンデーションは少なめにトントンづけ

夏場のファンデーションは、クリームファンデーション等しっとりとした感触のタイプは控えて、油分の少ないさっぱりとしたリキッドファンデーションやパウダーファンデーションを選びましょう。オススメは水使用ができるパウダーファンデーション。ひんやりと気持ちよく、肌にぴたっと密着した仕上がりに。ファンデーションは量を少なめに、つけ過ぎには気をつけましょう。つけるときは頬からトントンと軽いタッチでつけ、Tゾーン、目元、口元は優しく押さえるように。フェイスラインは最後に軽くすべらせるようになじませます。

外出先でもサッとできる! 正しい化粧崩れレスキュー法

もし外出先で崩れてしまっても、簡単なポイントを押さえておけばサッとお直し可能ですよ!

<基本の化粧崩れお直しテク>

  1. ティッシュやあぶら取り紙で汗や皮脂をオフ!
  2. ベースメイクでヨレた部分をきれいなスポンジ面で取り除く。
  3. ファンデーションやフェイスパウダーをトントンと軽くたたくようにつける。

ヨレたベースメイクを取り除いた後、ミストタイプの化粧水で保湿をしたり、下地効果のある乳液をなじませてから、ファンデーションやフェイスパウダーをつけると朝の仕上がりと変わらないくらいキレイになりますよ!

汗をかいたときは、デオドラントシートや冷たいペットボトル(ハンカチやタオルで包んで)があれば、太い血管がある首やワキを冷やしてあげましょう。汗が引きやすく、化粧崩れの予防にもなりますよ。 今年こそ化粧崩れ知らずの夏を過ごしましょう♪

photo : Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。