コスメ

取り過ぎは逆効果!スッキリ美肌になれる、あぶらとり紙の正しい使い方&選び方

取り過ぎは逆効果!スッキリ美肌になれる、あぶらとり紙の正しい使い方&選び方

顔のテカリが気になるこの季節。メイク直しの必需品といえば、あぶらとり紙ですよね。でも、間違った使い方をしていると、余計に皮脂が気になってしまうことにも...! そこで、あぶらとり紙の正しい使い方&選び方を、資生堂Webビューティーコンサルタントの桜井理恵さんに教えてもらいました。

こんな使い方、しちゃってない? あぶらとり紙のNG行動

気温や栄養バランス、生活習慣などにより、皮脂が多く分泌されてしまうとテカリやベタつきとなり、化粧崩れの原因になります。そこで役に立つのがあぶらとり紙。しかし使い方を間違えると、かえって肌を傷つけたり、乾燥などの肌トラブルの原因にも...。皮脂は乾燥や肌荒れを防ぐ役割などもあるので、皮脂量は適正に保つことが大切なんです。

<あぶらとり紙のNG行動>

  • 肌に押しつけて、ゴシゴシとこする
  • 肌にたたきつけてふき取る
  • 皮脂がとれなくなるまで、何枚も使う

あぶらとり紙の正しい使い方

あぶらとり紙をきちんと使うことで、余分な皮脂を抑えて、サラサラなスッキリ肌に導いてくれますよ♪

1. Tゾーンやあごなど、皮脂や汗が気になるところだけに、あぶらとり紙をやさしく肌にあてる。

2. 指で軽く押さえて滑らせるようにして、皮脂&汗を取り除く。

皮脂を取り過ぎると余計に皮脂が分泌されるので、乾燥しているところには使わないなど、くれぐれも気をつけましょう。

肌悩み別あぶらとり紙の選び方

あぶらとり紙にも様々な種類があります。あぶらとり紙によって肌の仕上がりも変わってくるので、お悩みに合わせて選ぶと◎。

くすみ&皮脂が気になる...くすみのもとになる皮脂もスッキリあぶらとり紙
資生堂Webビューティーコンサルタントの支持率No.1アイテム。くすみの原因になる酸化した皮脂もしっかり吸着し、スッキリ肌に。余分な皮脂だけを取り除きます。

皮脂&汗が気になる...汗もスッキリあぶらとりフィルム
肌にぴったりフィットするフィルムタイプ。肌にやさしくやわらかいのが特徴で、皮脂だけでなく汗もすばやく吸収します。肌に必要な水分を残しながらお手入れができます。

特に汗が気になる...汗もとれるあぶらとり紙 010
皮脂だけでなく、汗までしっかり吸収します。ハンカチ四つ折分の大きめサイズが特徴なので、汗が多い暑い日でもしっかりふき取れて使いやすいですよ。

いかがでしたか? あぶらとり紙を上手に使えばきれいに化粧直しができますよ。皮脂を抑えたあとにミスト化粧水などで保湿できるとさらに◎。サラサラ美肌を目指しましょう!

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。