コスメ

グレー囲み目VSラフなマットリップ。1点豪華主義メイクで、秋のトレンドを先取り!

グレー囲み目VSラフなマットリップ。1点豪華主義メイクで、秋のトレンドを先取り!

外はまだまだ暑いけれど、この時期から秋メイクを取り入れてこそオシャレ女子ってもの! そこで今回は、この秋注目の「グレーのアイカラーで作るイマドキ囲み目」と「リップペンシルで作るマットリップ」をご紹介。資生堂ヘア&メーキャップアーティストの渋沢知美さんに、今すぐトレンド顔になれる秋メイクのポイントを教えてもらいました。

深みカラーで作るNEO囲み目

今シーズン復活の兆し大なのが、「囲み目メイク」。とはいえ、以前はやったような黒でガッツリ囲むアイメイクとは違います。グレーなど強すぎない深みカラーをセレクトし、しっかりぼかして恐くない囲み目にするのがポイントです。

<メイクHOWTO>
肌なじみのいい明るいベージュのアイシャドウをアイホールに広げてベースを作ったあと、グレーのクリーム系アイライナーで上下の目のキワを囲むように入れます。今回はブラックのクリームシャドウとネイビーのクリームシャドウをブラシで混ぜ合わせてカラーを作っています。囲んだ後は、綿棒か何もついていないブラシを使用し、グレーのラインをしっかりぼかして、にじんだような目元に。ベージュ系リップで口元をラフに塗れば完成です。

セミマットリップはリップペンシルで作る、が新方式

今年の秋冬は少し深みのある赤やボルドーなどのダークカラー+セミマットな質感で、モードなリップメイクに人気が集まりそうです。

<メイクHOWTO>
赤のリップペンシルを使用し、内側からラフに塗りつぶします。輪郭はとらず、最後にブラシや指などで整える程度でOK。アイメイクは、マスカラもアイラインもアイシャドウも省き、乳液で上まぶたにツヤを与えるだけ。口元がマットなので、目元にツヤを与えて抜け感を作るのが大切です。

この秋は、モード系メイクがトレンドになりそう。今回紹介したパターンならモード過ぎないから、誰でも気軽にチャレンジできますよ。さっそく取り入れて、ひと足早く秋顔に変身しましょう!

ワンピース¥34,000(sita murt)/STOCKMAN、イヤリング(両耳)¥5,800(Ouca)/株式会社ウーサ ※価格はすべて税抜き
【問い合わせ先】
STOCKMAN:(03)3796-6851、株式会社ウーサ:(03)5708-5712

photo:鈴木花美

渋沢知美

渋沢知美

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

2010年資生堂入社。SABFAを卒業後、ビューティークリエーション研究所に所属。ヘアメーキャップアーティストとして、コレクション(NY、パリ、東京)の経験を生かし、宣伝広告、広報活動で活躍。2012年ヘアモード誌上コンテスト最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/shibusawa/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。