コスメ

余ったアイシャドウを混ぜるだけ♡グリッターグロスを手作りしよう

余ったアイシャドウを混ぜるだけ♡グリッターグロスを手作りしよう

季節ごとにアイシャドウを変えるのって、ワクワクしますよね♡ でもワンシーズンではなかなか使い切れなくて、何年も前に買ったものが未だにポーチに眠っている......という人も多いのでは? そこで今回は、余ったアイシャドウを使って、周りに差をつけるグリッターグロスを手作りしちゃいましょう!

<用意するもの>

  • ラメやパール入りのアイシャドウ
  • 透明または、ほんのりピンク色のグロス

余ったアイシャドウを使ったグリッターグロスの作り方

1. アイシャドウを軽く削り取る(つまようじ等を使うと簡単)

今回は、夏に大活躍した薄いブルーのアイシャドウを使用。透明感のある青みがかったグロスを作っていきます。

2. グロスとアイシャドウを手の甲で混ぜる

グロスを適量手の甲に取り、好みのラメ感になるまで1で削ったアイシャドウと混ぜていきます。

実際につけると、こんな感じ!

自分好みの絶妙なラメ感の輝きで、唇の立体感もアップ♡

ピンクグロス×ゴールドラメシャドウもヘビロテ必至!

飽きてしまった色味のグロスも、ラメシャドウを混ぜればまるで新色に早変わり!? 特におすすめは、女性らしさの出るピンク×ゴールドの組み合わせです。

大粒ラメやパープルなどの派手色を混ぜれば、秋のイベントのお目立ちメイクに。上品ラメなら普段使いのアクセントと、幅広いアレンジが可能! 余ったアイシャドウ、ぜひ活用してみてくださいね♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。