コスメ

じつは肌なじみ抜群!トレンドの「ダークリップ」似合わせテク

じつは肌なじみ抜群!トレンドの「ダークリップ」似合わせテク

この秋トレンドのダークリップ。濃く派手な色だけに、敬遠している人も多いのでは? でも、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの渋沢知美さんによると、ダークリップは意外と肌なじみがよく、取り入れやすい色なのだとか。そうとわかれば、さっそく塗ってみたくなるのが女心。それではダークリップの似合わせテクニックを教えてもらいましょう。

肌と口元は違う質感で仕上げるのがコツ

ダークリップのメイク

ダークリップの赤色が主役になるように、アイメイク・チークはともにオレンジ系の色味で統一してナチュラルにすることがポイント。マスカラはブラックで上下のまつ毛にたっぷり塗って目元を引き締めます。さらに、肌と口元の質感はあえて揃えないようにするのもコツ。今回はリップにツヤ感があるので、ベースメイクはセミマットな質感に仕上げると◎。逆にリップがマットな場合は、ツヤ肌に仕上げることで、こなれ感のあるメイクが完成します。

唇以外のパーツの色を同系色でまとめることと、肌と唇の質感をあえて変えること。この2点を押さえることが、ダークリップをつけこなすコツ。塗るだけで一気に今っぽ顔に変身できるアイテムなので、ぜひチャレンジしてみて!

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

渋沢知美

渋沢知美

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

2010年資生堂入社。SABFAを卒業後、ビューティークリエーション研究所に所属。ヘアメーキャップアーティストとして、コレクション(NY、パリ、東京)の経験を生かし、宣伝広告、広報活動で活躍。2012年ヘアモード誌上コンテスト最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/shibusawa/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。