コスメ

眉と目をいかに近づけるかがカギ!アイシャドウとアイラインで作る彫り深メイク

眉と目をいかに近づけるかがカギ!アイシャドウとアイラインで作る彫り深メイク

いつだって憧れるのは外国人のようなくっきりした彫り深顔。とくにアイメイクは、欧米人のような立体感が出るように試行錯誤......という人も多いのでは?  今回はそんな悩みを解消する、日本人のための彫りの深い目元を作るメイクテクをご紹介します!

ポイントは眉と目の距離、そして自然な陰影

彫りの深い目元に欠かせない条件といえば「眉と目の近さ」。眉毛を下めに描くことはすでに試している方も多いと思いますが、さらに、目頭と二重幅に自然な影を作るテクで、鼻筋と眉頭を高く見せましょう♪ ここで活躍するのがブラウンベージュのアイシャドウと、ブラウンのリキッドアイライナーです。

<彫り深目元の作り方>

1. 指、またはアイシャドウチップにブラウンベージュのアイシャドウを取り、二重幅に塗ります。

2. 1で使ったアイシャドウを、目頭から黒目あたりまで重ね塗りします。目頭と鼻筋の部分に影を作るイメージです。

3. ブラウンのリキッドアイライナーで二重の線をうすくなぞり、二重をくっきり強調させます。

ライナーは二重の線よりやや内側に引くことでより自然に陰影がつきます!

この方法なら、不自然な盛りすぎメイクにならず、日本人に合った自然な陰影が実現可能! やるのとやらないのでは、違いは歴然。憧れの彫り深メイク、ぜひ試してみてくださいね♡

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。