コスメ

意外と見られてる!ネイルの乾燥をケアして、今年の冬こそ指先おブスから卒業!!

意外と見られてる!ネイルの乾燥をケアして、今年の冬こそ指先おブスから卒業!!

名刺交換する時やスマホを触っている時など、意外と爪は見られているもの。いくらメイクを可愛くしていても、爪がボロボロだと好感度も微妙な感じに...。特に乾燥するこの時期は、二枚爪やささくれも引き起こしやすいです。そこで、資生堂Webビューティーコンサルタントの西村美保さんに、正しいネイルケア方法を教えてもらいました。

しっかり保湿で、ささくれと決別!

冬になると悩まされるのが「ささくれ」。そもそもささくれは、爪まわりのキューティクルが裂けることによってできるもの。主な原因は乾燥なので、しっかり保湿をすることが大切です。ささくれができてしまった時は、まず、裂けてしまった皮を専用のニッパーで切り取り、その後、キューティクルオイルなどをしっかりなじませましょう。キューティクルオイルがない場合は、ハンドクリームを爪までしっかり塗り込むのが◎。化粧水を顔になじませる際に使ったコットンを最後に爪周りにもなじませておくのも保湿ケアのひとつ。くれぐれも裂けた皮を無理に引っぱるのは炎症の原因にもなるのでやめましょう。

二枚爪はファイル&ベースコートで爪を守る

ささくれ同様気になる指先トラブルといえば、「二枚爪」。こちらの原因は、乾燥に加えて、爪切りの衝撃や、保湿効果がないリムーバーの多用などが考えられます。なかでも爪切りは爪に大きな衝撃を与えてしまいます。爪を切る際はネイルファイル(やすり)を使い、削るようにしましょう。爪が長い人は、ある程度までは爪切りでカットし、その後ネイルファイルで整えるようにすると、衝撃を和らげることができますよ。また、ネイルポリッシュを塗る際は、先にベースコートを塗って爪を守るようにしましょう。

こまめなネイルケアが◎

ネイルケアは、こまめに行うのが理想的です。まずは手を洗った後などに、すぐ保湿する習慣が大切です。爪まわりのキューティクルまでしっかり保湿できるインテグレートの「ポケットネールセラム」は持ち運びに便利なので、ポーチに入れて気になる時にお手入れをするのにぴったり。ジェルが美容オイルに変化して、すばやく爪に広がるので、外出先でも使いやすくおすすめです。リラックスできる、ほんのりアロマの香りにも癒されますよ!
さらにスペシャルケアとして、お湯を張ったボウルにアロマオイルを数滴入れ、そのなかに手を浸して角質をやわらかくしてから、オイルやクリームでケアをするという方法も◎。まるでネイルサロンでケアをしてもらっているかのような、優雅な気分に浸れます♪

本当にキレイな人は、指先まで抜かりないもの。ついケアを後回しにしがちなパーツですが、これからはしっかりお手入れしたいですね!

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、チャットで気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。