コスメ

一重&奥二重のまつ毛が上がらない問題を解決。上向きまつ毛が手に入るビューラーテク

一重&奥二重のまつ毛が上がらない問題を解決。上向きまつ毛が手に入るビューラーテク

一重や奥二重は、ビューラーを使う時にまぶたが邪魔してうまく上向きまつ毛を作れなかったり、まぶたの重みでまつ毛が下がってしまったりすることもありますよね。そこで今回は、そんなお悩みを解決するビューラーテクニックをご紹介。今まで上手にまつ毛を上げられなかった人でも、このテクで確実に上向きまつ毛が手に入りますよ!

ビューラーは"当て方"が重要!

一重&奥二重の人が、ビューラーでまつ毛をうまく上げられない理由のひとつに「まつ毛の根元がまぶたの奥に隠れてしまっている」ということが挙げられます。この問題を解決するには、まぶたに隠れているまつ毛の根元を、しっかり表に出してからビューラーを使うのが大切。まつ毛の根元を表に出すには、ビューラーをまぶたにどう当てるかが重要なんです!

【基本編】根元をしっかり立ち上げたい場合

根元をしっかり立ち上げたい場合

ビューラーの下のライン(赤い実線部分)を、目のキワ、まつ毛の根元に当てます。そのまま、ビューラーの上のライン(赤い点線部分)をまぶたに押しつけるように当てます。すると隠れていたまつ毛の根元が表に出てくるので、そのままビューラーでまつ毛を挟めば、しっかりと根元からカールできます。その後、ビューラーを動かしながら、まつ毛中央、毛先と3段階に分けてビューラーで挟んでいけば、きれいな上向きまつげに仕上がります。

上向きまつげ

Before/After

【応用編】目頭&目尻をしっかり上げたい場合

ビューラーの当て方をちょっと工夫すれば、目頭や目尻のまつ毛だけを重点的に上げることも可能です。

・目頭を上げる場合

目頭を上げる場合

まずは基本編の方法で、まつ毛を根元からしっかり上げましょう。その後、ビューラーの端の部分を目頭側に押し当てるようにしながら、ビューラーでまつ毛を挟みます。目尻側はまぶたから浮いていてもOKです。

・目尻を上げる場合

目尻を上げる場合

こちらも基本編の方法で、まつ毛を根元からしっかり立ち上げます。その後、目頭の時とは逆で、ビューラーの端の部分を目尻側に押し当てるようにしながらビューラーを使います。

この方法でまつ毛の根元をしっかり上げておけば、一日中上向きまつ毛をキープできます。さらに、カールキープ力の高いマスカラを塗れば、鬼に金棒! ぜひ試してみてくださいね。

photo:Shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。