コスメ

同じコスメでもイメージ激変!なりたい顔に導く求心・遠心メイク★

同じコスメでもイメージ激変!なりたい顔に導く求心・遠心メイク★

今日は大人っぽく見られたい、あるいは可愛らしくなりたいなど、その日の予定や気分で、"なりたい印象"って変わりますよね。そんなときは、顔立ちの印象をメイクで操って"求心顔"と"遠心顔"を使い分けるのが◎。
求心顔というのは、顔のパーツが真ん中に寄った顔立ちのことで、大人っぽさやしっかりした印象を与えるといわれています。一方遠心顔は、顔のパーツが外側にある顔立ちで、親しみのあるやわらかい印象を与えるといわれています。そこで今回は、イメージを驚くほど変えられる、求心メイクと遠心メイクの方法をご紹介します。

求心メイクで、目指せ大人のキリリ顔

求心メイク

求心メイクをする際は、とにかくパーツを中央に寄せて見せるのが大切。眉頭、目頭が濃くなるようメイクしていきましょう。


眉と眉の間を狭めたいので、眉頭を濃く太くしっかり描きます。もともとの眉が離れている場合は、眉が生えている位置より内側から描き足してもOK。バランスとしては、目頭より2~3ミリ内側に眉頭がくるくらいがベストです。また、眉尻はあまり長く描かず、目尻の位置より少し長めくらいが◎。

アイメイク
影色になるような濃いめのブラウン系のアイシャドウを目頭から目尻に向かってなじませます。アイラインも目頭からしっかり入れて、目尻のラインは引き伸ばさないのがポイントです。ビューラーで目頭のまつ毛をしっかり上げ、目頭~目の中央あたりまでマスカラをたっぷりとON。目尻のまつ毛にはさっとひと塗りする程度にしましょう。

チーク&ノーズシャドウ
チークは黒目の下あたりを基点に、のせてぼかします。このとき目幅より外側に広げすぎないようにするのがコツ。さらに眉頭から鼻筋に向かって軽くノーズシャドウを入れると、顔の中央に視線が集まり、より求心的な印象に。

遠心メイクで、親しみやすいほんわか顔に

遠心メイク

遠心メイクをする際は、眉尻や目尻など外側を濃く目立たせるイメージでメイクしましょう。


眉頭はあえて描かず、黒目の辺りから外側に向かって描いていきます。眉尻は若干長めに仕上げましょう。また明るめの色でふんわり描くと、よりうぶな印象に。

アイメイク
目と目の間隔が離れて見えるよう、明るめのベージュ系シャドウを目頭部分に入れます。下まぶたの目頭よりにも同じシャドウをON。次に上まぶたの目尻1/3にブラウン系のシャドウを入れて、目尻を強調します。アイラインも目尻3分の1にだけ入れ、目尻のラインは5ミリほどはみ出しておきましょう。最後にビューラーで目尻のまつ毛を上げ、その部分にだけマスカラをのせます。目頭~目中央のまつ毛はお好みで仕上げましょう。

チーク&ハイライト
頬骨の一番高いところを基点に、外側に向かって楕円形になるようにチークを入れ、Tゾーンと目の下三角ゾーンにハイライトを入れたら完成です。

求心メイクも遠心メイクも、実はほぼ同じコスメを使って仕上げています。同じアイテムでも、強調する位置を変えるだけでこんなにも印象を変えられるなんて、まさにメイクマジック! 印象チェンジしたいときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。