コスメ

あえて目を大きく見せないのが絶対条件!奥二重の色っぽさを引き出すメイクテク

あえて目を大きく見せないのが絶対条件!奥二重の色っぽさを引き出すメイクテク

「もっとぱっちりした目になりたい!」とか「くっきり二重になりたい!」なんて思っている奥二重さんも多いはず。でも奥二重には、奥二重にしかない魅力があるのも事実。例えば、つぶらな瞳だからこそ出せる色っぽさやアンニュイさ、小動物のようなキュートさなど、奥二重がもたらしてくれる美しさや可愛らしさって、実はいっぱいあるんです! そこで今回は、奥二重の良さを引き出すアイメイクをご紹介します。

控えめな目元を際立たせるアイメイクテクニック

奥二重のアイメイク

アイシャドウ
影色になるようなダーク系のアイシャドウを二重幅になじませます。グレーっぽいブラウンやカーキなど、赤みのない色を選ぶと、奥二重のはれぼったさを軽減しつつ目元を立体的に見せてくれるのでおすすめです。下まぶたの涙袋部分には、パールの入ったピンクシャドウをON。ピンクを入れるとやさしく、女性らしい印象に。

アイライン
目頭から目尻までインサイドラインを入れて、目のアウトラインを引き締めます。アイラインをまつ毛より上に引くのは目尻だけ。目全体にラインを際立たせてしまうと、目が小さく見えたりきつく見えたりするので要注意です。目の終わりから3mmほどはみ出させて、目の横幅を強調させましょう。

マスカラ
ビューラーでまつ毛を軽く上向きにします。くるんとさせ過ぎるとニュアンスがなくなってしまうので、ナチュラルなカールに留めておくのがコツ。ロングラッシュ効果の高いマスカラを使用し、まつ毛に長さを与えます。ゴテゴテしないよう、マスカラはサラッとつける程度でOK。

奥二重の色っぽさを引き出すメイク

奥二重の良さを引き出すには、やり過ぎないのが最大のポイント。無理に目を大きく見せようとせず、ナチュラルさを意識してメイクしてみてください。今まで気づかなかった奥二重の魅力に、きっと気がつくはずですよ。

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。