コスメ

「オーガニックコットン」って何が違うの?知れば知るほど使いたくなる、その心地よさとは

「オーガニックコットン」って何が違うの?知れば知るほど使いたくなる、その心地よさとは

「オーガニックコットン」と表示されたアイテムに出合う機会が増えてきたこの頃。でも、一般的なコットンとどんなところが違うのかわからない人も多いのではないでしょうか。今回は「オーガニックコットン」の基礎知識をレクチャーします。

「オーガニックコットン」と表示するための5つの条件

一般的なコットン栽培では、安価で質が均一なものを製造するため、非常にたくさんの化学農薬や殺虫剤、遺伝子組み換え種が使用されています。その点、「オーガニックコットン」は厳しい条件が設定されており、すべてをクリアしないと「オーガニックコットン」とはうたえないのです。

オーガニックコットンと表示するために必要な条件は以下の5つ。

1. 3年以上、化学農薬・化学肥料が使われていない土壌で栽培されたもの
2. 遺伝子組み換えの種でなく、化学農薬や化学肥料などを使用せずに有機肥料のみで栽培されたもの
3. 労働の基準として、児童労働が行われていないこと
4. 適正な価格で継続的に取り引きされていること
5. 1~4の条件を満たしていることを第三者機関が認証していること

これらの5つ条件を満たしているものが「オーガニックコットン」として認定されます。

「オーガニックコットン」をインナーや寝具に取り入れよう

メイド・イン・アースのオーガニックコットンアイテム<img alt=

栽培方法はもちろん、製造過程でも化学薬剤を使用しないことにこだわった「オーガニックコットン」。コットン本来の自然な風合いを大切にして製造されているため、ナチュラルな柔らかさが生きています。そんなアイテムに触れてみると、空気に触れているような感覚になるほどふっくら。そして、保温性・通気性にも優れているため、「オーガニックコットン」のアイテムを着ていると、1年中、適度な温度・湿度を保てるんです。

「オーガニックコットン」で作られているアイテムはたくさんありますが、その中でも直接素肌に触れるインナーで取り入れるのがおすすめ。汗をかいても不快さはなく、柔らかく包まれているような感覚をキープしてくれるので、ストレスはほとんどないはずです。

また、枕カバーやシーツなどの寝具も特にオーガニックコットンのよさを感じられるはず。1日の1/3は睡眠の時間に費やしているからこそ、大切に栽培され、丁寧に作られたものに身をゆだねることで、眠りの質に変化が生まれてきますよ。

まずは、いろいろなオーガニックコットンのアイテムに触れて、お気に入りを見つけてみてくださいね。

話を伺ったのは...
MIE布ナプキンアドバイザー・前田けいこさん
純オーガニックコットンに特化したブランド「メイド・イン・アース」を1995年に立ち上げた、オーガニックコットン業界のパイオニア。天然素材をとり入れた心地よいライフスタイルを提案する。布ナプキンアドバイザー養成講座、布ナプキンフェスタなども展開し、全国の小中学校へのサンプリングなども実施中。
著書に「からだの中の自然とつながる心地よい暮らし」(青春出版社)がある。

photo:shutterstock(1枚目),メイド・イン・アース
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。