コスメ

痩せ見えもハーフ顔も思いのままに!整形級小顔メイクまとめ

痩せ見えもハーフ顔も思いのままに!整形級小顔メイクまとめ

小顔には憧れるけど、ダイエットしても顔肉だけは落ちないし...、あるいは生まれつきの骨格のせいだから...と諦めてはいませんか? 実は少しの工夫で、整形級の小顔が手に入るメイク方法があるんです! 今回は理想の小顔に近づけるメイクテクを厳選して3パターン紹介します。

今すぐ見た目-3キロを目指す人は...
メイクで視線を誘導して小顔見せ♪

最近体重が増えて、顔がふっくらしてきた...という人は、色と光を操って、小顔見せする方法がおすすめ。ダイエットの効果が出るまでは、メイクでさりげなく痩せ見えを狙いましょう!

メイクで視線を誘導して小顔見せ

チーク
肌なじみのいいブラウン系のチークを、頬骨に沿って骨格を起こすように斜めにON。さらにブラシに残ったチークをこめかみ~フェイスラインにも入れることで、顔の側面がナチュラルに引き締まり、小顔効果がアップ!

Tゾーン&目の下
ハイライトを入れて顔の中心を明るくし、立体感を演出。

リップ
はっきりした濃い色味をのせ、顔にメリハリをもたせて。濃い目のリップは、視線をフェイスラインよりも口元に誘導する効果アリ。

ナチュラルに小顔見せしたい人は...
普段メイク+αで自然に引き締め!

小顔メイクというと、シェーディングとハイライトで陰影をつけるのが一般的。でもわざとらしく見えるのが不安...というあなたには、普通のパーツメイクにひと工夫するだけのテクを伝授♪ シェーディングを使わなくても、ひとつひとつのパーツを大きく描くことで小顔が手に入ります!

普段メイク+αで小顔見せ

アイシャドウ
ベースとして、アイホール全体に明るいベージュを乗せる。その後、アイホールのくぼみに合わせて、繊細な輝き感のあるベージュブラウンのシャドウを入れ、凹凸感を強調。下まぶたにも同じ色を入れて彫り深顔に!


眉は太めに描いたら、眉下にもアイブロウをぼかして、陰影感を出す。

チーク
ヌーディーまたはコーラル系のチークを頬骨下に、骨格に沿ってやや幅広く入れる。

リップ
濃い色を避け、落ち着いた色味のリップで輪郭を大きめに描き、ぷっくり見せる。

ハーフ顔になりたい人は...
日本人向けのコントゥアリングメイク

海外のSNSで話題になっている、コントゥアリングメイク。ハイライトやシェーディング、コントロールカラーを使って、輪郭補正するメイク法ですが、日本人がそのまま取り入れるのはやり過ぎ感が出て危険! 外国人よりも骨格に立体感がない日本人でもトライできる、抜け感重視のコントゥアリングメイクで、ハーク顔を叶えましょう♪

日本人向けのコントゥアリングメイク

ベースメイク
ベースメイクは厚塗りにならないよう、BBクリームなどで顔の中心を明るく仕上げる。目の下のくまや小鼻のくすみなどはコンシーラーでカバー。ハイライトパウダーをふんわりかけてベースは完成!

あえてファンデーションを使わず立体感を演出することで、軽さのある立体肌に。

チーク
ヌーディー系もしくはコーラル系を頬骨の骨格に沿って幅広めに入れて、自然な陰影感を演出。

鼻筋
ノーズシャドウは鼻筋でなく、眉頭の下に軽く影を入れるような感覚でしのばせる。

リップ
少し明るめの色をチョイスして、血色感をプラス。

メイクで光とカラーを上手に操れば、顔の立体感が出せたり、パーツの大きさを調整することが可能に♪ 悩みやなりたい印象別に、ぜひ試してみてくださいね。

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。