コスメ

奥二重には外し色がマスト!すっきりデカ目に見せる「アイシャドウパレット」の選び方

奥二重には外し色がマスト!すっきりデカ目に見せる「アイシャドウパレット」の選び方

たくさんのカラーがセットになったアイシャドウパレットは、それ1つで何通りものメイクが楽しめる便利なアイテム。でも、目元悩みが多い奥二重さんの中には、アイシャドウパレットを買っても、結局使う色は1~2色だけで、他の色は似合わなかった...なんて経験をされている人も多いはず。せっかく買ったパレットだから、全色しっかり楽しみたいですよね。そこで今回は、奥二重さんが選ぶべき「アイシャドウパレット」の3ポイントをご紹介します。

赤みのないブラウンやグレー、カーキ

【ポイント1】赤みのないブラウンやグレー、カーキを選ぶ

最近は赤みブラウンカラーがトレンドだったこともあり、ブラウンでも赤みよりのものが増えていますよね。しかし目元が腫れぼったくなりやすい奥二重さんが赤みのある色を使うと、むくんで見えたりパンパンな目元に見えたりしやすいので要注意! 1番濃い色や中間色が、赤みの少ないブラウン、グレーもしくはカーキのパレットを選ぶと、目元すっきりなアイメイクが叶うのでおすすめです。

【ポイント2】ラメやパールが繊細なものを選ぶ

大粒のラメや、強いパール感があるものは、目元が膨張し腫れぼったく見えるので奥二重さんには不向き。アイシャドウを手の甲に塗って、光にかざすように手首をくるくると動かしてみましょう。光を反射して繊細にキラキラするものならOKですが、ギラつくものは避けるのが無難です。

【ポイント3】ピンクやグリーンなどの外し色が入っている

ブラウン系でも、全部の色がブラウンでまとまっているものでなく、薄いピンクやグリーンなど、外し色が入っているものがベスト。明るい外し色を目頭や目の下に入れることで表情が和らぎ、キツく見えがちな奥二重の目元を優し気に見せることができます。また外し色を下まぶたにのせると、涙袋が強調されデカ目に見える効果も!

奥二重メイク

上記の3ポイントを守れば、パレットを買ってもきちんと全色使いこなせるうえ、腫れぼったさやキツさが気になる奥二重を、すっきりデカ目に見せることが可能です。さっそく、お気に入りのパレットを探しに出かけてみて!



●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。