コスメ

"目の下"やめたら美人顔♡アラサー女子の「思い込みチーク」をプロが改善

"目の下"やめたら美人顔♡アラサー女子の「思い込みチーク」をプロが改善

メイクのなかでチークの色やのせ方は、顔全体の印象を左右する重要なポイントです。しかし、長年チークを目立たせるメイクに慣れ親しんできたアラサー女子のなかには、昔のチーク癖が直らない...なんて人も多いのでは? ぼかしが足りない色ムラチークや目の下ギリギリに入れるなどの"思い込みチーク"は、今のうちにバージョンアップしたいところ。そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんに、トレンドのピンクチークを使って、陥りがちなNGチークの改善方法を教えてもらいました。

思い込みチークの改善には、何よりも入れる位置をマスター!

チークの入れる位置&ぼかし方

・入れる位置
まずは自分にあった起点をみつけましょう。鼻先と耳の付け根を結んだ真ん中が起点となります。起点を中心に、楕円形になるように入れるのがベスト。目の下チークなど、上位置に入れてしまうと、チークばかりが目立って幼い印象になるのでアラサー女子にはNG。ナチュラルな血色感を目指しましょう。

・ぼかし方
チークを上手くぼかせない人やムラになりやすい人は、単色ではなくミックスカラーのものや、メインとなじませ用など、多色パレットになっているチークを使うのも手。メインのカラーで正しい位置にチークを入れたら、なじませカラーを先ほど入れたチークの輪郭に沿ってふんわりとON。これだけでチークが肌になじみ、ムラづきを防げます。また、形状もポイントです。クリームチークを指でつけるより、パウダーチークをブラシでふんわりとつけるほうが自然でなじみやすいですよ。

色選びも大切。「コーラルピンク」が近道

コーラルピンクのチーク

思い込みチークを改善するうえで、色選びも重要なポイントです。ピンクチークのなかでも、日本人の肌に合いやすい黄みの入った「コーラルピンク系」を選ぶと、色が浮きにくく失敗が少なくなります。ビビッドな色ではなく、肌なじみがよい、薄付きなものをセレクトすることで、チークの色が悪目立ちせず、盛りすぎた印象を抑えることが可能に。逆に気をつけたいのはギラギラしたパール入りのもの。パールがたっぷり入ったチークは、入れすぎると不自然になりやすいので注意しましょう。とは言っても、肌色によっても印象が変わるので、最後は実際に肌の上でつけて違和感がないか確かめることも大切。

大人の美人チークが完成!

肌に溶け込むようになじませるのが最近のチークのトレンド。ナチュラルな血色感と立体感を与えてくれる大人美人チークで、なりたい顔の印象に近づけることができますよ。

photo:福田宏美 stylist:川上麻瑠梨 model:忍舞

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。