コスメ

同じコスメなのに仕上がりは別人級!「男ウケ顔」と「女ウケ顔」作り分けテク

同じコスメなのに仕上がりは別人級!「男ウケ顔」と「女ウケ顔」作り分けテク

オフィス、デート、女子会など、TPOに合わせてメイクの雰囲気を変えたいと思うけれど、結局いつも同じ顔になっちゃう...なんて人も多いはず。そんな悩みを解決すべく、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの松本聖子さんに、全く同じアイテムだけを使って、合コンで1番人気確実の「男ウケ顔」と、同性から憧れられるような「女ウケ顔」、ふたつの顔を作り分けてもらいました。

使用するのはこんなアイテム!

使用するのはこんなアイテム!

男ウケ顔も女ウケ顔も、ブラウンのパウダーアイブロウ、ベージュ系のリップ、赤みブラウンのアイシャドウ、ピンクのチークなど、誰もが持っているような定番コスメだけを使用して作ります。

可愛さ最強"男ウケ顔"はツヤ感重視で!

可愛さ最強


  • 柔らかく優しそうな雰囲気に見せたいので、眉山がゆるやかな平行眉にするのがベスト。輪郭をしっかりぼかして、ふんわりした眉を目指しましょう。
  • アイシャドウ
    薄めのピンク(パレットの左上)を上下のまぶたにのせ、目元にツヤっぽさを与えます。その後、ブラウン(パレットの左真ん中)を上まぶたの目のキワに入れ、しっかりとぼかしましょう。
  • チーク
    右側の濃いピンクをブラシに取り、頬の高い位置を起点に、黒目の下までぼかし込みます。さらに、左側の薄いピンクを先ほど入れたチークのまわりにふんわり入れ、ナチュラルな立体感を演出。
  • リップ
    唇の中央から口角に向かって直づけします。再度中央にたっぷりつけて、ツヤ感をアップ。

おしゃれな"女ウケ顔"は、トレンドカラーと立体感がポイント!

おしゃれな


  • キリリとした印象にしたいので、眉はややくっきりめに仕上げます。さらに、眉頭から鼻筋に向かってアイブロウパウダーの淡いブラウン色をひと刷け入れると、ノーズシャドウ効果が加わり、顔立ちを引き締めてくれます。
  • アイシャドウ
    薄めのピンク(パレットの左上)をアイホールに軽くのせてベースを作ったら、赤みブラウン(パレットの左下)を二重幅にON。下まぶたの目尻3分の1にも同じ色を入れて。流行の赤み系を使うことで、おしゃれな雰囲気に。
  • チーク
    濃いピンクと薄いピンクをブラシにミックスして取り、頬骨に沿って骨格感を出すように斜めに入れ立体感を演出します。
  • リップ
    唇全体にリップを塗ったら上唇と下唇をこすり合わせてよく色をフィットさせ、ティッシュオフしてツヤを抑えて。

ぼかし方を変えたりツヤを抑えたりするだけで、こんなにも印象を変えることができるんですね! 手持ちのコスメで、さっそく実践してみてはいかがでしょうか。

男ウケ:トップス¥14,000(RINASCIMENT)/三欧通商(株)
女ウケ:ワンピース¥24,000(Paratiisi)/Forme de l'eau、ピアス¥5,800、ネックレス¥9,500(ともにOuca)/株式会社 ウーサ ※価格はすべて税抜き
【問い合わせ先】
三欧通商(株):(06)6202-7772、Forme de l'eau:(03)6447-0636、株式会社 ウーサ:03-5708-5712

photo:福田宏美 stylist:川上麻瑠梨 model:吉田理沙

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

松本聖子

松本聖子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションやヘアメーキャップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。