コスメ

一重&奥二重さんは「鼻下鏡」でデカ目に!?ぼんやり目元から卒業できる裏ワザ♪

一重&奥二重さんは「鼻下鏡」でデカ目に!?ぼんやり目元から卒業できる裏ワザ♪

一重や奥二重の人にとって最大の悩みといえば、目が小さく見えたり、ぼんやり見えたりすることでは? その理由のひとつとして、"目のキワがまぶたの肉で隠れがち"ということが挙げられます。

鏡を正面から見ると、目のキワがまぶたで隠れてしまいます...。

目を大きく見せるには、目のキワ(まつ毛の生え際)からしっかりビューラーでカーブをつけたり、マスカラを塗ったり、アイラインを塗ったりすることが重要。しかし一重や奥二重の場合、まぶたの肉が邪魔をするため、キワを上手く攻略することができず、頑張ってメイクをしても結果的に"小さ目メイク"になりがちなんです...。そこで今回は、そのお悩みをズバリ解決できる「鼻下鏡」についてご紹介したいと思います!

「鼻下鏡」ってなに!?

「鼻下鏡」とは、自分の鼻の下辺りに鏡を持ち、その鏡を覗き込むようにしながらアイメイクをするという方法です。正面から鏡を見ると、まぶたの肉が被さって目のキワが隠れやすい一重&奥二重さんですが、「鼻下鏡」の角度だと、目のキワが鏡にしっかり映りこむため、キワへのメイクが格段にやりやすくなるんです! 

ビューラーもまつ毛の生え際へしっかりあてられますし、マスカラもまつ毛の根元からきっちり塗れるようになるので、目のキワが締まり、目力が最大限にアップしますよ。また、アイラインの場合は、机やドレッサーなどに鏡を平置きし、上から鏡を覗き込むような姿勢で引くのがおすすめ。

鼻下鏡は、アイメイクをする際だけでOK。ベースメイクをしたり眉を描いたりする際は、普段どおり顔の正面に鏡を持ってきて行いましょう。

左:Before/右:After

鏡の位置や角度を変えるだけですが、メイクのやりやすさや仕上がりは格段によくなります。ぜひ、「鼻下鏡」の威力を試してみてくださいね!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。