コスメ

"第六チャクラ"にのせるだけ!簡単に美人オーラが出せるハイライトメイク

"第六チャクラ"にのせるだけ!簡単に美人オーラが出せるハイライトメイク

前髪なしのおでこを出したヘアスタイルが人気の今、俄然気になるのが"おでこの美しさ"です。つるんとしていて丸みのあるおでこには、顔立ちをきれいに見せる効果や聡明に見せる効果などがあるため、メイクできちんと「美おでこ」に見せることが大切!

そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんに、おでこ美人になれるメイクテクニックを教えてもらいました。

"美おでこ"メイクは、第六チャクラを狙え!

きれいなおでこに見せるためには、ハイライトの上手な入れ方がポイントに。ヨガの世界などでよく聞く「第六チャクラ」といわれる、眉間の少し上あたりにツヤと明るさを与えることで、形のいいおでこを作ることが可能です。

美おでこメイクHOWTO

いつもどおりにベースメイクをしたあと、光沢感のある化粧下地、「リバイタルグラナス イリデッセント ベース(GD)」を指先に少量とり、第六チャクラを意識して、眉間から額の高くなっているところにトントンとおいていきます。

自然なツヤ感と凹凸感を演出できるので、おでこメイクに使用するハイライトは、パウダー状でなくリキッド状のものをセレクトするのがおすすめです。

次にフェイスパウダーを小さめのブラシに取り、先ほどハイライトを塗った部分にふんわり重ねづけします。パウダーを重ねることで、おでこが悪目立ちせず、より自然な仕上がりに。最後に鼻筋にもすーっとひとはけしたら完成です。

ファンデーションを塗るだけだったり、なんとなくハイライトを塗るだけだったりと、意外とおろそかになりがちなおでこですが、ほんのちょっと意識してメイクするだけで、顔全体の印象を格上げすることが可能。さっそく取り入れて、知的な美人印象をアップさせましょう!

イヤリング¥1,800(Osewaya)/お世話や ※価格は税抜き
【問い合わせ先】
お世話や:http://www.osewaya.jp

photo:鈴木花美 stylist:川上麻瑠梨 model:Luna

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。