コスメ

写真写りが良くなる「3Dメイク」テク!加工なしでも小顔&美肌に♪

写真写りが良くなる「3Dメイク」テク!加工なしでも小顔&美肌に♪

パーティーやイベントなどでは、集合写真を撮ることも多いもの。でも、自撮りや加工アプリ慣れしていると、集合写真に写っている自分の姿に、「盛れてない...」と感じることはありませんか? 写真は思い出として残るものだから、一番可愛い自分でいたいですよね。そんな"最強の写真写り"を叶えるメイクテクを、ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんに教えてもらいました!

"最強の写真写りメイク"に欠かせないアイテムはコレ!

集合写真で美人見えするには、「小顔感」と「美肌感」が大切。この2点は、シェーディングとハイライトを使って演出することが可能です。「インテグレート 3Dニュアンスパウダー」は、光り方が異なる2色のパウダーがセットになっているので、ナチュラルに陰影やメリハリをつけることができますよ。

小顔を叶えるシェーディングテク

小顔を叶えるシェーディングテク

「インテグレート 3Dニュアンスパウダー ブラウン」のBをブラシに取り、頬骨の下からフェイスラインに向かってなじませます。次にAをブラシに取り、先ほど入れたシェーディングのさらに外側の輪郭になじませます。こうするとシェーディングに自然なグラデーションがうまれ、フェイスラインがすっきりと引き締まるので、自然な小顔に見せることができますよ。

さらに立体感を出すために、Bを眉頭の下から鼻筋に向かってひとはけ。顔に凹凸がつき、小顔印象がより高まります。

美肌を叶えるハイライトテク

美肌を叶えるハイライトテク

「インテグレート 3Dニュアンスパウダー ホワイト」のAとBをブラシで混ぜ、頬骨の高い位置になじませます。さらにAをブラシに取り、Tゾーンになじませましょう。このハイライトは顔の凹凸を強調するだけでなく、肌印象まできれいに見せてくれる効果もあるので、ぜひ取り入れて!

ハイライトとシェーディングを上手に組み合わせることで、メリハリ小顔&透明感あふれる美肌が手に入ります。これで写真写りはバッチリ! 自信をもって撮影できますね♪

【使用化粧品】
インテグレート 3Dニュアンスパウダー

photo:鈴木花美 model:Miku

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。