コスメ

今から冬まで使い倒せる!マキアージュの「オレンジキャラメル」が買い♪

今から冬まで使い倒せる!マキアージュの「オレンジキャラメル」が買い♪

秋冬向けのコスメが次々と発売され、どれを買おうか迷ってしまうこのシーズン。せっかくなら、トレンドメイクを長く楽しめるアイテムが欲しいですよね。そんなときにおすすめなのが、「マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ」の『オレンジキャラメル』色のアイシャドウ。

そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんに、「ドラマティックスタイリングアイズ OR303 オレンジキャラメル」を使用した、夏~秋にピッタリなメイクと秋~冬にぴったりなメイクを教えてもらいました。

夏~冬まで対応可能の優秀パレット

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ OR303

ドラマティックスタイリングアイズ OR303 オレンジキャラメル」は、黄味ブラウンの絶妙な色合いが揃っているのが特徴。まだ暑さが残る今の季節は、Aのオレンジカラーをメインに使って、軽さのあるメイクを。季節が進み冬になったら、AとBを合わせて使用し、大人っぽいメイクを楽しむことが可能。このように、夏から冬までの季節に合ったトレンドメイクがこれ1つで叶う、絶対買いの優秀パレットなんです♪

夏~秋向けオレンジメイクHOWTO

1. Aのオレンジを太いチップに取り、アイホール全体と、下まぶたの目尻3分の1になじませます。
2. Bのブラウンを細いチップの先端に取り、目のキワに細いライン状にON。
3. 最後に、Cのツヤカラーを上まぶたの中央にのせます。

肌なじみがいいのに、オレンジがしっかり発色して、重すぎないフレッシュな目元が完成! 秋のトレンドをキャッチしつつも暑苦しく見えないので、残暑が厳しい時期から初秋にかけてのメイクにぴったりです。

秋~冬向けキャラメルメイクHOWTO

1. まずは、Bのブラウンを細いチップで二重幅になじませます。
2. 少し二重幅に重なるようにアイホールにかけてAのオレンジをぼかし広げます。

ぼかすとき付属のブラシを使うと、チップで出すことのできないグラデーションが誰でも簡単にできますよ。

3. Cのツヤカラーをまぶた中央にのせてきらめき感をプラス。
4. 下まぶたの目尻3分の1にもBを入れることで、秋冬にぴったりの女性らしい目元に。
5. 最後に、黒のアイラインを引き、目元の印象を引き締めましょう。

AとBが適度に交じり合い、深みのあるキャラメルカラーの目元が完成! ただ深みのある色を重ねると重たくなり過ぎることもありますが、Cのツヤカラーをプラスすることで立体感が増し、美しい深みを際立たせてくれます。

夏から秋、そして冬へのスイッチメイクが1つで出来る「ドラマティックスタイリングアイズ OR303 オレンジキャラメル」。今からとことん使い倒して、秋冬メイクを楽しんでくださいね。

夏~秋のオレンジメイク:トップス¥22,000(hue DAY TO EVENING)/プリマクレール・アタッシュプレス、イヤリング¥4,900/サンタモニカ 原宿店
秋~冬のキャラメルメイク:イヤリング¥1,700(Osewaya)/お世話や ※価格は税抜き
【問い合わせ先】
プリマクレール・アタッシュプレス:(03)3770-1733、サンタモニカ 原宿店:(03)5474-1870、お世話や:http://osewaya.co.jp

photo:鈴木花美 stylist:川上麻瑠梨 model:細田彩花

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメイクを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。