コスメ

ファンデの仕上がり激変!美容部員溺愛の「アーティストタッチスポンジ」って?

ファンデの仕上がり激変!美容部員溺愛の「アーティストタッチスポンジ」って?

化粧品カウンターで美容部員さんに塗ってもらったファンデーションはすごくキレイな仕上がりだったのに、いざ自分で塗ると同じようにならない...なんて経験をしたことがある人も多いのでは? その差は、テクニックや経験値によるものと諦めがちですが、実は「スポンジ」にあるんです! そこで今回は、資生堂Webビューティーコンサルタントの西村美保さんに、ファンデーションの仕上がりが激変する、美容部員愛用のスポンジを教えてもらいました。

スポンジ選びは「厚み、大きさ、キメ」を重視

何気なく選んでいたり、とりあえず付属のものを使っていたりすることも多いスポンジ。もちろん付属のものでもOKなのですが、別売りのスポンジを目的に合わせて使うと、ファンデーションの仕上がりが驚くほど変わるんです! 

スポンジの「キメの細かさ、硬さ、大きさ、厚み」が変化することで、ファンデーションの質感やカバー力などもグンと変わります。とくに「大きさ」は重要。大きなスポンジだと、ムラにならず均一に仕上げられますし、ひと塗りで広い面を一気にカバーできるので、メイクの時短にも繋がります。

リキッドやクリームファンデーションの場合は、小鼻などの細かい部分につけやすい「ラウンド系のスポンジ」がおすすめ。また、スポンジにファンデーションが吸収されにくい作りになっている「リキッド用」と書かれたものを使いましょう。パウダーファンデーションの場合は、肌にあたる面積が広い「スクエア形のスポンジ」で「パウダリー用」を選ぶのが◎。均一かつ自然に仕上げることが可能です。

美容部員愛用のスポンジはこれ!

(左)資生堂 スポンジパフ アーティストタッチ(パウダリータイプ用)118
(右)資生堂 スポンジパフ アーティストタッチ(乳化タイプ用)119

この2品のスポンジは、「簡単にプロの仕上がりが手に入る」ように、アーティストの意見を取り入れて作られたもの。美容部員が店頭でお客さまにメイクをする際にも使用しています。魅力はその厚みと角度。16mmの厚さがあり、スポンジを持つときの指の圧が一点に集中せず分散されるため、均一に仕上がります。また、女性の顔を分析することにより導き出した先端角度(平面75°、側面85°)により、小鼻のきわや、下まぶたのくぼみにピタッとフィットするよう、細かく考えて設計されています。すじやムラになることもなく、とってもキレイに仕上がりますよ。また、繰り返し洗っても劣化しにくく長持ちするので、口コミなどでも「コスパもいい」と評判なんだとか!

 

 

資生堂 スポンジパフ(水専用)112

こちらは、水を含ませて使用するタイプのパウダリーファンデーションスポンジです。水を使うことでファンデーションが肌に密着し、化粧崩れを防止します。さらに、毛穴を目立ちにくくしたり、ツヤを出したりする効果も。また、固めに絞るとしっかりカバー、ゆるめに絞ると薄づきなど、絞る力加減を調節して違う質感にすることも可能。パウダリーなのにリキッドのように仕上げたいときにもおすすめです。

同じファンデーションでも、スポンジを変えるだけで違った仕上がりを楽しめるから、コスパも叶えられます。季節やトレンド、悩みに合わせて、スポンジを買い替えてみてくださいね。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、チャットで気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。