コスメ

「ジンジャーシャドウ」で冬のどんより目元をパッと明るく柔らかく!

「ジンジャーシャドウ」で冬のどんより目元をパッと明るく柔らかく!

冬の寒さで目元までこわばったり、くすみがちになっていませんか? そんな目元は「ジンジャー」の愛称をもつ「マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ BR665」でレスキュー♪ このアイカラーを使うことで、印象ダウンしがちな冬の目元を、可愛らしく温かみのある印象に変えることができるそう! そこでヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんに、ジンジャーを使ったアイメイクを教えてもらいました。

ジンジャーシャドウはこれ!

この、ちょっとゴールドがかったアイカラーが、「マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ BR665 ジンジャー」。ブラウンよりも黄味が強く明るい色なので、暗くなりがちな冬の目元を明るく見せつつ、自然な陰影を与えることが可能なんです。それではメイクHOWTOをチェックしましょう!

ジンジャーアイメイクHOWTO

1. 明るいピンクベージュ系のアイシャドウをブラシに取り、上まぶた全体と下まぶたになじませて目元のくすみを払拭します。
2. ジンジャー色のアイシャドウをチップに取り、二重幅よりひと回り大きめにON。さらに、ジンジャーを下まぶたの目尻から目の中央あたりまで入れましょう。
3. 下まつ毛の生え際に、明るいべージュのアイライナーで細くラインを入れます。白目がキレイに見えて◎。
4. ブラウンのペンシルまたはクリームアイライナーで上まぶたにアイラインを引きます。

ラインを引いたら、何もついていないチップなどでラインとシャドウの境目をなぞってぼかしましょう。柔らかな印象をつくるコツですよ。

5. ブラックのマスカラを塗布したら完成です。

どんよりしがちな冬の目元を、ひと塗りでほんわか優しく見せてくれる「ジンジャーシャドウ」。この時期のお助けコスメとして大活躍してくれそうですね!

photo:鈴木花美 model:金城ゆき

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。