コスメ

理想の顔になるには? 「ゴールデンバランス」をチェック!

理想の顔になるには? 「ゴールデンバランス」をチェック!

 メイクやスキンケアをするときに、毎日鏡で見ている自分の顔。美しくなりたい!と願えば願うほど、「目がもう少し大きければ…」「もっとほっそりした顔だったら…」と女性の欲求は次から次に現れることでしょう。

 資生堂が2012年1月に20~30代の女性500名を対象にメーキャップに関する調査を行ったところ、9割の女性が「自身の顔でコンプレックスに感じているところがある」と答えました。さらに、「コンプレックスに対して、ふだんしているメーキャップで補うことができているか」という質問をすると、「自信がない」「補う方法を知らない」という回答が8割に上りました。

 メーキャップアーティストとして、これまでたくさんの女性と接してきた資生堂ビューティートップスペシャリストの西島悦さんは、資生堂の美容情報サイト「Beauty Info」の中で、プロはその人の顔を見ただけで、どうすればその人のなりたい顔に近づけるかわかると言います。

 理想の顔に近づくために、西島さんが考えたのは“バランス理論”。顔全体に対しての頬の広さや目の幅など、ちょうどいいバランスを数値で表したものです。

 西島さんが経験から割り出したゴールデンバランスはこちら。みなさんも鏡を見ながらチェックしてみてくださいね。

・目の幅は、黒目の3個分くらい

・頬は小鼻の横から輪郭までの水平ラインと、黒目の下から輪郭までの垂直ラインが1:2

・唇の厚みは上下で1:1.3~1.5

・顔の横の幅と眉山からあごの長さが1:1

 毎日メークをするときに見ているはずの自分の顔ですが、分析してじっくり見ると、「頬が長めかも」「眉が少し上すぎ?」など新しい発見が見えてきます。

 ただし、「ゴールデンバランスに近づけましょう、ということではない」と西島さん。「自分の顔をよく見て、バランスが違っている部分があれば、それがその人の個性。強調したり、弱めたりすることで顔の印象を簡単につくりかえることができますよ、という目安なんです」。

 理想に近づくためにも、自分の個性を愛するためにも、まずは自分の顔をよく知ることが第一歩なんですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。