コスメ

化粧品を正しく使用するために 化粧品の“使用期限”を守ろう

化粧品を正しく使用するために 化粧品の“使用期限”を守ろう

 もし、冷蔵庫に賞味期限が過ぎている食べ物があったらどうしますか? きっと「お腹をこわすから」と捨てるはず。では、いつも使っている化粧品の使用期限が過ぎていたら…?

 あまり気にしていない人も多いかもしれませんが、化粧品にも使用する期間の目安があります。「直接口に入れるものではないから」「期限の日付が書いていないから」と気にせずに、使用期限が過ぎた化粧品を使うのは肌トラブルのもと。この機会にしっかり覚えておきましょう。

 化粧品は、使用期限表示がない場合、薬事法で「3年の品質保証」が義務づけられています。もちろん、これは開封していない状態で、温度差の激しい場所などではない、通常の保管方法をとった場合です。一度開封したものは、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

 開封した後は、容器のキャップをしっかり閉め、中の水分やアルコールが蒸発して、ホコリや雑菌が入ることを防いでください。中身が変質してしまうこともあるので注意です。また、化粧品の容器の注ぎ口は常に清潔にしておくこと。注ぎ口に中身がついてしまった場合は、すぐにティッシュなどでふき取るクセをつけましょう。

 保管場所は直射日光の当たらないところで。ふつうに暮らしている部屋の中であれば問題ありませんが、極端な温度変化は避けたほうがいいもの。ある時は化粧水を冷蔵庫に入れ保管し、ある時は比較的暖かい風呂場近くの洗面所に置くなど、温度変化にさらすことはあまりおすすめできません。

 きれいなるために欠かせない化粧品は、正しく保管し、正しく使い切りましょう。身のまわりに長い間置いている化粧品はありませんか? 思い切って捨てるのも、美に近づく一歩です。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。