コスメ

肌にうるおいをグングン届けよう! コットンを使ったテクとは?

肌にうるおいをグングン届けよう! コットンを使ったテクとは?

 寒いこの時季、湿度まで下がってくると、肌の乾燥が気になりますよね。しっとりとした美しい肌をキープするには、たっぷりのうるおいを肌に与えることが大切。それには、化粧水と乳液による毎日のお手入れがマストです。あなたは、どんなことに気をつかってこの季節を乗り切っていますか? 

 スペシャルケアを始める前に、ふだんのお手入れの見直しを。化粧水や乳液のなじませ方にフォーカスしてみましょう。資生堂の美容情報サイト「Beauty Book」では、次のように説明しています。

 化粧水や乳液は、手で塗布するよりも、コットンを使うほうが、うるおいが肌に届きやすくなります。コットンを使うと、肌へのなじみがよくなるうえ、均一にしっとり感を与えることができます。でも、コットンを使って塗布するからといって、手でパチパチと強くたたいたり、ぐいぐいと押し込んだりする方法はNG。効率よく肌にうるおいを届けるには、“軽圧式塗布法”がおすすめです。

 軽圧式塗布法とは、まずコットンを人差し指と中指の間、薬指と小指の間にはさみます。最初は、ほおからスタート。顔の中心から外側に、下から上に向かって、顔の丸みにフィットさせ、なじませます。そして、額も中心から外側に向かって、ゆっくりとなじませて。次にデリケートな目もとは、まぶたの上と目の下をやさしく、ていねいに。鼻は、目頭から小鼻のわきまで、口もとはあご先から唇を中心に囲むようになじませます。そして最後に、フェースラインと首をケアします。

 ポイントは、血流の流れを生かし、中心から外側に、下から上に向かってなじませること。また、肌表面をすべらせながら、軽く引き上げるように動かします。軽い圧力をかけながら、連続性のある動きを意識して。そして、急ぐのではなく、ゆっくりとしたテンポで行うこと。副交感神経が優位となり、リラックス感も与えることができるみたい。

 さらなるうるおいが実感できるという、コットンを使った軽圧式塗布法。毎日のケアに取り入れてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。