コスメ

手あれと決別! 手先を美しく保つお手入れ法

手あれと決別! 手先を美しく保つお手入れ法

 乾燥が気になる季節は、手あれにも注意したいものですよね。しかも、手は年齢が出やすいパーツ。顔や身体は念入りにお手入れをしていても、手のケアは意外と怠っている人が多いのでは? 手は皮脂分泌が少なく、とくに心臓から遠い指先は、寒いと血液循環が滞り、新陳代謝が低下します。また、衣服に守られていないため、紫外線や乾燥などの影響を受けやすい部分。冬は感染症の予防のためにも手洗いを欠かさない時季でもあります。そんな手を美しくためにはどのようにお手入れしたらいいのでしょうか? 資生堂のサイト「資生堂リーナーズカフェ」ではそのポイントを次のように説明しています。

 水仕事や手洗いの後には、ハンドクリームでこまめにうるおいを与えることが大切です。乾燥しやすい人は、手を洗うたびにハンドクリームをつけること。また、入浴後や就寝前にハンドクリームをつけながらていねいにマッサージしましょう。うるおいを補給し、血行を促して新陳代謝を高めることができます。手あれがひどいときは、たっぷりハンドクリームを塗り、手袋をして就寝するとよいとのことです。

 ハンドマッサージは、手の甲から。左手の甲を軽くつかむようにし、右手の親指の腹、母指球全体を使って、左手の甲全体を小指に向かって、外側に大きく円を描くようにマッサージします。指は、左手の指先の側面を、右手の人差し指と親指ではさんで、指先から付け根に向かってすりあげます。戻すときは親指を上にして、人差し指で上下をしっかりはさんで指先まで戻ります。小指から薬指、中指、人差し指、親指の順番に行いましょう。そして、手のひらは右手の母指球を使い、小指の付け根から親指の付け根に向かって、円を描くようにしっかりさすります。右手も、同じようにマッサージを行いましょう。

「ハンドスパ」というケア法もありますが、ご存知ですか? コットンに化粧水をとり、ていねいに手のひらと指先になじませます。乾燥がひどい指先には、先ほど使ったコットンを割いて巻き、5分くらいおきましょう。コットンをはずし、あれやすい部位を中心に、ハンドクリームをよくなじませて終了です。

 乾燥の気になる季節は、手先など"末端"のパーツもお忘れなく。念入りなケアをしましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。