コスメ

泡洗顔 上手に泡立てる3つのポイント

泡洗顔 上手に泡立てる3つのポイント

 毎日の洗顔、汚れをキレイに落とし、うるおい肌をキープしていますか? 「“泡洗顔”が肌にやさしいと聞きましたが、うまく泡が立てられない」という悩みをもつ人もいるのでは? 「泡マイスター」の異名をとる資生堂スキンケア研究開発センターの安達謙太郎さんは、こう言います。「ポイントを押さえれば、誰でもできるものなんですよ」。本当ですか? さっそくふわふわ洗顔ホイップの方法を教えてもらいました。

(1)手をきれいにすること
まずは、手を洗って油分や汚れを落とすことが大切。手にこれらが残っていると、せっかく泡立てても泡がすぐに消えてしまう原因に。洗顔中ずっと泡を長持ちさせるために、第一段階を忘れないで。

(2)たっぷり「差し水」をすること
泡を立てる途中で差し水をしていますか? 泡が立ち始めた後、何度か水を足して、どんどん泡立てましょう。水を入れると泡がなくなりそう…と思うかもしれませんが、勇気を出して差し水を。きめの細かいもっちりとした弾力のある泡になりますよ。

(3)空気を巻き込むように手を動かすこと
平らにした手のひらの上で泡をつくろうとすると、なかなかいい泡にはめぐりあえません。洗顔料をのせた手のひらは、器のように少しくぼませることがポイント。泡立てるほうの手は丸めずに力を抜いて、指先を泡だて器のように動かしましょう。空気を含ませるよう、巻き込むようにするといいでしょう。

 3つのポイントがあったなんて! さらに安達さんは、泡づくりに時間をかけることが結果的に時短につながるとも言っています。なぜなら、しっかり泡立てた泡は、泡切れがよくすすぎやすいから。逆にうまく立てられなかった泡で洗顔すると、すすぎに時間がかかり、肌をこする原因にもなるそうなので、気をつけたいですね。

 今日からきちんとホイップして、正しい泡洗顔を心がけましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。