コスメ

美の基準「ゴールデンバランス」を応用したアイメイク

美の基準「ゴールデンバランス」を応用したアイメイク

不思議なことに、美しさには基準となる「黄金比」が存在していると言います。人の顔も例外ではなく、これをメイクに応用すれば、誰もが美しさに近づけるはずです。今回は、顔の中でも重要視されることの多い目立つパーツ、「目もと」のゴールデンバランスをご紹介します。

資生堂では、魅力的な目もとをつくるために、3つの部分に分けて考えています。

  1. 目の縦幅と目の横幅の比率
  2. 目の縦幅とまぶたの広さの比率
  3. 目頭と目尻の角度

順番に詳しく見ていくことにしましょう。

1.の縦幅と横幅の比率ですが、これは「縦:横=1:約3」と覚えておけばOK。まつげの生え際を基準にしてください。

2.の縦幅とまぶたの広さの比率は、「1:1」。いわゆる「二重まぶた」で、まぶたの肉づきは「厚すぎず、薄すぎず」がバランスのいいまぶたとしています。

3.は、あまり考えたことがなかったという人も多いかもしれませんが、目頭と目尻の角度は約10度を目安にするといいそうです。

たとえば、1.の比率が「1:2」くらいなど、目の横幅が足りない場合は、アイライナーを長めに引いて、横幅をプラスします。そして、目尻寄りにダークカラーを入れれば、補正効果が出ます。マスカラも目尻側にたっぷり重ねづけするといいでしょう。目尻側にポイントを置くことで、目の幅を広く見せることができるからです。

2.でまぶたの広さが基準より狭いとなった人は、ライトカラーのアイシャドーを選び、眉下までぼかします。そうすれば、まぶたを広く見せることができるはず。

また、まぶたがややはれぼったい人は、まつ毛の根もとをしっかりと立ち上げるのがポイント。中央と毛先は軽く自然にカールさせるとよいでしょう。

ゴールデンバランスに照らし合せて、自分の顔はどんな特徴があるかをまずチェック! それから、メイクで基準の美しさに近づくようにすれば、「きれいになった!」「変わった!」とまわりからの評判が上がりますよ。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。