コスメ

絶対知っておきたい! メイク道具の正しい使い方

絶対知っておきたい! メイク道具の正しい使い方

アイシャドウチップにチークブラシ、ビューラーなどなど、日々使っているのに、正しい使い方を案外知らないメイク道具ってありますよね!? 実はこの道具たち、正しい使い方をしてあげるだけで、メイクの仕上がりが全然違ってくるんです。今回は、そんなメイク道具の正しい使い方をご紹介します。

_DSC0405.jpg"

【アイシャドーチップ】

チップは、色をしっかりのせたいときにおすすめ。大きいチップは上まぶたに、細いチップはアイラインをぼかしたいときや、下まぶたにアイシャドーをのせるときに使います。また、下まぶたや目の下がくすみやすい人は、アイシャドーの粉飛びが原因ということも!? そんな人は、粉飛びせずにまぶたにピタッとフィットするチップで塗ってみると、悩みが解消されるかもしれません。

_DSC0410.jpg

【アイシャドーブラシ】

まぶた全体にふんわりのせたいときにおすすめ。ライトカラーやハイライトに最適です。

_DSC0497.jpg

【チークブラシ】

チークブラシは使い方次第で、顔立ちを変えることができる優れもの。可愛くふんわりと丸く入れたいときは、ブラシを立ててクルクル。逆にすっきりシャープに見せたいときは、ブラシを少し寝かせて頬骨に沿って動かします。

_DSC0418.jpg

【ビューラー】

ビューラーの使い方のポイントは、利き手と逆の手で上まぶたを引き上げながらまつ毛をしっかりと挟み込むこと。また、挟む部分の上部の金具がまつ毛の根もとにぴったり合うように位置を調整すると、まつ毛全体にまんべんなくキレイなカールがつきますよ。

以上、メイク道具の正しい使い方、みなさんご存知でしたか? 知らなかった方は、是非今日から試してみてくださいね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。