コスメ

眉もリップもチークも...多機能コスメ使い倒しテクを美容ライターが伝授♪

眉もリップもチークも...多機能コスメ使い倒しテクを美容ライターが伝授♪

1つで何役もこなせる、多機能コスメ。メイク時間短縮やポーチの軽量化に繋がるなど、女性にとって嬉しい存在ですよね。とはいえ、決まったパーツにしか使わなかったり、メイクがマンネリ化してしまったりといった人も多いのでは? せっかくマルチに使えるのに、それではもったいない! 1つのアイテムを最大限使い倒すテクをご紹介します。

チークにリップ、眉まで! アイデア次第のマルチコスメ

今回使用するのは「マジョリカ マジョルカ メルティージェム」。チークやリップとしてだけでなく眉にも使え、今っぽさ満点のアイテムです。

発売カラーは全部で4色。その中から今回は定番色のレッド、ピンク、オレンジを使って様々なメイクバリエをお見せします!

イキイキした表情をつくる! 溶け込みチーク

まずは私が最も惚れた使用感のチークから。ピンクとレッド、どちらも見たままの発色というよりは、内側からじゅわん♪ と色づく感じで、とっても自然! 肌に溶け込んだような血色感を演出できるので、若々しい印象になります。

まるで赤ちゃんのようなプルプルほっぺを実現したいなら、ピンクがおすすめ。寝不足の日でも絶好調のような肌に仕上がります。

こっくり深い色合いで、ほどよく大人顔に仕上げてくれる、レッド。夏の終わりに秋顔へシフトしたい人にイチオシです!

指でブラシで......塗り方で印象チェンジ可能なリップ!

続いてはリップバージョンをご紹介。指でラフにポンポン付けすると、もぎたてフルーツのようにジューシーなぷるるんリップになり、ブラシで重ね塗りするとしっかりと発色してくれます。シーンに合わせて色の濃さや質感を変えられるので、リップとしても優秀です!

ピンクをリップブラシできちんと塗りすると、ご覧のように鮮やかな青みピンクに。指でのラフ塗りの時よりも、ややマットな印象になります。チークの時とはまた違ったパッキリ発色に驚き! 暗めの色味の洋服が増える秋冬、華やかリップは即オシャレ顔にしてくれる強い味方になりそうですね。

指で2~3度しっかりと重ね塗りしただけで、ここまでハッキリと発色してくれるレッド。顔色が一気に明るくなるので、お疲れモードになってくる夕方のメイク直しにも重宝しそうです♪

さらにレッドは、グラデリップ使いもおすすめ。指で唇全体を一度塗りした後、中央にのみ重ね塗りすることであっという間に完成です♪ オシャレなだけでなく唇がふっくら立体的に見えるのも◎です。

オシャレ度を格上げ! カラー眉もラクラクつくれる♪

3つ目は、カラー眉のご紹介。眉マスカラや専用コスメがなくても、ここまでピンク眉をつくることができます。リップブラシに「メルティージェム」をとり、眉毛になじませるようにして仕上げます。毛がまばらな部分は地肌に直接アイブロウのように描いてしまってOKです。

オレンジ系は、立体感強調メイクに最適!

ピンクとレッドを使ったメイクをご紹介してきましたが、オレンジがかった「PK210」の使い勝手のよさも見逃せません。チークやリップとしてはもちろんですが、実は涙袋強調や鼻筋を通すといった立体感づくりに最適なんです♪

涙袋全体に塗れば、ふっくらと優しい目元が完成。まるで元からこのような涙袋だったと思わせるようなナチュラルっぷりです。

鼻筋の側面にオンしてみたところ、こちらも自然に鼻筋がスーッと見えて、グッド!! ここに塗るとベージュブラウンのようにも見えるから不思議。塗る部位によってそこにぴったりな色味へとなじんでくれる優秀さです。ポイントは始点を眉頭の下にすること! より自然に陰影をつけることができますよ。

さまざまなメイクバリエをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 1つのコスメでこれだけ使い倒せちゃうんです! カラーを変えるだけで印象が激変するので、ぜひ揃えてみてくださいね♪

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。