コスメ

奥二重研究家、絶賛!「二重線が消える&ツリ目に見える」を解消するアイライナーって?

奥二重研究家、絶賛!「二重線が消える&ツリ目に見える」を解消するアイライナーって?

「二重線がまぶたに隠れて消えてしまう」ことや、「ツリ目やキツい目に見えてしまう」ことに悩んでいる奥二重の女性も多いはず。日々「奥二重まぶた」を研究している私が、この2大悩みを解消できちゃう奥二重界の神コスメを発見! それがマキアージュの「シークレットシェーディングライナー」です! 

自然なのに効果バツグン♪ "影色ブラウン"のアイライナー

一見普通のアイライナーのように見える「マキアージュ シークレットシェーディングライナー」ですが、実はこれ、「影色」という「透け感のあるブラウン」カラーのアイライナーなんです。まるで影をつけたように目元にラインがなじむため、ナチュラルに目を大きく見せられるのが特徴。アイラインとして使用するのはもちろんOKですが、今回は、「まぶたに隠れた二重線をくっきりさせたい」ときや「キツい目元を優しく見せたい」ときの使い方をレクチャーします。

二重線くっきりメイクHOWTO

自分の二重線がうっすら見える程度の薄目にし、もともとある二重線の終わり辺りから「シークレットシェーディングライナー」でなぞり、二重線を延長させます。

描いた線が長すぎるとわざとらしくなるので、少しずつ描き足して、その都度目をパッチリ開けて、線の長さを確認しながら進めましょう。目の形によって描き足す長さは変わりますが、だいたい5ミリ程度が目安となります。

二重線を描き足すことで、まぶたの奥に隠れてしまう本物の二重線が強調&延長され、いつもよりくっきりした二重に見せることが可能です。また、ラインの色味が透け感のあるブラウンなので、線を描いていてもとってもナチュラルに仕上がります。

キツい目元を優しく見せるメイクHOWTO

目元がキツく見える場合は、下まぶたに影をつけてタレ目っぽく見せると◎。下まつ毛を描き足すようなイメージで、「シークレットシェーディングライナー」を縦に小刻みに動かし、下まぶたの目尻3分の1部分に色をのせます。

影は、黒目の外側を起点に、そこからまっすぐ平行に、上まぶたの延長線上とぶつかる目尻部分まで延ばします。目尻下に三角形を描くようにするのがコツ。アイシャドウで下まぶたに影をつける方法もありますが、こちらのほうが色味が薄く、小回りも効くため、より自然なタレ目メイクに仕上がります。

上まぶた&下まぶたに「シークレットシェーディングライナー」を使った目元がこちら! 

上:Before /下:After

「隠れた二重線」も「キツい目元」もこの通り解消できました♪ ありそうでなかった影色ブラウンで、コンプレックスとさよならしましょう!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。