コスメ

ライン使いが今っぽい!夏色アイシャドウを上手くつけるコツ

ライン使いが今っぽい!夏色アイシャドウを上手くつけるコツ

外はまだ春だけど、そろそろ夏メイクを先取りしたい気分♪ 夏メイクに欠かせないのが、パキッと鮮やかに発色するカラーアイシャドウ。目もとが涼しげに見えて、一気に夏顔になれちゃいます。しかし、カラーアイシャドウを使うと、「顔から浮いちゃう...」「派手になりすぎる...」と悩む人も多いのでは? 今回はそんな悩みを解消するアイシャドウテクをご紹介! コツを押さえて、今年の夏はカラーメイクを楽しみましょ♪

鮮やかカラーアイシャドウで作る涼しげEyes!
顔から浮いたり派手になりすぎる原因の多くは、アイシャドウを広く入れすぎているから。いつものブラウンアイシャドウの要領で、アイホールいっぱいに入れたりぼかしたりすると一気に古くさい印象になってしまうのです。ポイントは、幅を狭く入れることと、ぼかさないこと。この2点を押さえてアイライン風に仕上げれば、成功間違いなしですよ!

<涼しげEyesの作り方>
1. アイシャドウをブラシに取り、黒目の中間あたり?白目の終わりくらいまでアイラインを引く要領で伸ばす(初心者さんは、アイライナーブラシを使うとぼやけずに引けますよ)。
2. 鏡を下に持ち伏し目にして、目尻を少し跳ね上げるようにアイシャドウを伸ばす。
(POINT:目尻の流れに沿って自然に跳ね上げるのが、ナチュラルに仕上げるコツ!)

さらに、目を大きく見せたいときは、目尻の三角ゾーンを埋めるようにアイシャドウを足してあげて。目の幅が強調されて目力がアップしますよ!

 つけるだけで一気に夏顔にチェンジできちゃう鮮やかカラーアイシャドウ。今年っぽく見せたいなら、濡れたようなツヤ感のあるアイシャドウを選ぶのがおすすめです♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。