フード・グルメ

1人呑みデビューならここ!駅ビル内の小粋なビオワインバー

1人呑みデビューならここ!駅ビル内の小粋なビオワインバー

友人や恋人と呑むのも楽しいけど、1人で気楽に呑みたいなあ...。多くのお酒好き女性が抱える悩みかと思いますが(?)、1人で呑みに行くのってわりと勇気がいりますよね。

「さびしい女と思われるんじゃないか」「皆に注目されてる気がする」...などなど、確かに世の中には、1人呑みに「向いている店」と「向いていない店」があります。
今回は、私が「めちゃ一人呑みしやすいわ~」と通うワインバーをご紹介。
春の陽気につられて、ぜひ楽しい「1人呑みデビュー」をどうぞ!

■オススメポイント1 駅ビル内にある!

そのお店とは、幡ヶ谷のワインバー「キナッセ」。
幡ヶ谷駅直結の駅ビル内にあるという、便利な立地も1人呑み向きですね!
ドアを入ると、どーんとカウンター席があり、丸顔にメガネをかけたマスター「コガタクさん」がにこにこ迎えてくれます。

コガタクさんこと古賀択郎さんは、元は広告代理店勤務という異色の経歴。会社員時代にヴァン・ナチュール(自然派ワイン)の世界に出合い、「これを紹介したい!」という一念で店まで作ってしまったという...熱い! ちなみに、店名の「キナッセ」とは出身の熊本弁で「おいでよ」という意味だそう。

■オススメポイント2 自然派ワインがずらり!

このお店で扱われる自然派のワインのなかでも、ぜひ呑みたいのは日本のワイン。日本のワイン=あんまりおいしくない...と言われることも多いのですが、個人的にも最近の日本の自然派ワインはすばらしいと思います! なんつーか、ホッとするのよね。やさしくじんわり体に染み込むワイン。

■オススメポイント3 つかず離れずの程よい接客


このワインだけでもリラックスするのに、コガタクさんの接客が良いのですよ。ええ感じに話しかけつつ、でも放っておきつつ...程よい距離感。その証拠に、お客様も女性1人呑み率が高い! 

■オススメポイント4 奥様の料理も絶品


某フレンチのシェフだった奥様・みっちーがつくるおつまみも絶品。軽いものからドーンとメインの料理まで、バーらしからぬおいしいものが食べられます。

帰るときには「また一人呑みしたい~」とほろ酔いで思うこと間違いなし。ぜひ出かけてみてくださいねー!
幡ヶ谷「キナッセ」
住所 渋谷区幡ヶ谷1-3-1 幡ヶ谷ゴールデンセンター B1F
電話 03-5351-8599
営業時間 18:00-24:00(L.O) ※日曜のみ23:00(L.O)
定休日 月・満月の夜

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

ツレヅレハナコ

ツレヅレハナコ

フードブロガー

日々の飲み食いをつづったブログ「ツレヅレハナコ」管理人。呑んで食べて1000円の酒場から、諭吉が数枚飛んでいくフレンチまで、「豪快で色気がある店」をテーマに日々食べ歩いている。趣味は中東旅行と昼酒。家には「あんきも」という名の猫が一匹。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。
Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)