フード・グルメ

野菜の摂り過ぎはダイエットにNG?正しい食生活のバランスとは

野菜の摂り過ぎはダイエットにNG?正しい食生活のバランスとは

ダイエットをするとき、食生活から見直す人も多いですよね。野菜を食べる=ヘルシーと思われがちですが、実は、野菜中心の生活を意識し過ぎることで、タンパク質・糖質・脂質の足りない女性が急増しているんだとか。そこで今回は、正しい食生活のバランスについて、管理栄養士の伊達友美さんに、伺いました!

野菜に偏りすぎた食生活に注意


3大栄養素でもある「タンパク質」「糖質」「脂質」の不足は、代謝や肌のハリ、うるおいの低下、くすみの原因にもなります。そもそも3大栄養素が足りないと、野菜でビタミンを補給していても、その働きが生かされないそう。これは早急に食生活を見直さなければ......。

1日にどの程度、タンパク質を摂ればいいの?

自分の食生活で気になったは、タンパク質不足。「五訂食品成分表」によれば、30代女性が1日に摂取すると良いとされるタンパク質は55g。

主な、タンパク質の含有量はこちら↓
・絹ごし豆腐:4.9g
・ゆでたまご(1個):12.9g
・納豆:16.5g
・ぎんざけ(焼き):25.2g
・若鶏肉(皮つき、ゆで):21.0g
(100g中)

毎食タンパク源を食べているとは限らないし、大豆製品中心で肉や魚を控えているという人は、がんばって摂取する必要がありそうです。

理想的な、野菜摂取量は?

1日に必要な野菜の摂取量は350g程度と言われています。野菜だと、大根を3~4センチ、にんじんを1/2個、もやしひと袋の半分、青梗菜1株程。

健康意識が高い女性なら、意外ととれてしまう量かも......。逆に野菜でお腹がいっぱいになりすぎて、タンパク質やその他の栄養が不足しているかどうか、注意した方が良いそうです。

バランス良く食べるにはお鍋が一番!


バランス良く食べるためには、タンパク質となるおかずを一番大きなお皿で、野菜は副菜として摂るよう心がけると良いそうです。ほかにおすすめなのが、鍋料理。タンパク質や野菜がしっかりとれて、薬味などでカラダをあたためられるという効果も! 手軽にできて美容に良いなら一石二鳥です。


[なぜこれでキレイになれるの?,すぐに役立つ五訂食品成分表,S&B エスビー食品株式会社,タニタのカラダ応援ネット カラダカルテ]

[若松真美]
[マイロハスより]


1日に摂取しなくてはいけない「野菜の量」を意識している人は多いと思いますが「タンパク質の量」までは、意識していないもの。大豆・肉・魚なども、バランスよく栄養を摂って健康的な美人を目指していきましょう。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。