フード・グルメ

飲み方さえおさえればOK!お酒の正しい飲み方とは?

飲み方さえおさえればOK!お酒の正しい飲み方とは?

「お酒は控えよう」と思っても、歓送迎会などでなかなか避けられないもの。でも飲み過ぎたら太ってしまうし...。こんな悩みを抱えている人も多いのではありませんか? 「お酒=太る」は、実は間違った認識。上手に飲めば、太るのを防ぐことができるんです。

お酒を飲むのは寝る2時間前まで

寝る前にお酒を飲むと、しっかり眠れなくなります。その理由はアルコールの利尿作用により、トイレに行きたくなって目覚めるから。それと、アセトアルデヒドという血液中の物質が体を刺激するため目覚めることも。

睡眠をさまたげられると、痩せるために大切なホルモンの分泌が抑制されるため太りやすくなります。

上記のことを避けるには、お酒を飲むのは寝る2時間前までにしましょう。酔いがある程度さめてから寝るようにすれば、熟睡できますよ。

つまみは、カリウムとタンパク質が豊富なものにする

飲酒による肥満を防ぐには、おつまみがカギとなります。まずオススメしたいのは、「カリウム」の豊富な食材。カリウムは飲酒によるむくみを防ぎます。たとえば、アボカド、ほうれんそう、海藻類、納豆など。

それから、「高タンパクで高栄養」の食材をとりましょう。タンパク質はお酒の代謝に関わる肝臓の働きを助けてくれます。たとえば、チーズ、豆腐、鶏肉、魚類などがオススメです。


(紫たき)
[Glittyより]


飲む量はほどほどに、お酒と正しく付き合えばダイエットにも支障がないはず。ストレスをためないダイエットのためにも、正しい飲み方を押さえておきたいですね!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。